_MG_9019.jpgパリのラグジュアリーメゾンRoger Vivier(ロジェヴィヴィエ)の東京初の旗艦店がリニューアルした松屋銀座の2階インターナショナルファッションゾーンにニューオープンしました。ブティックでは、シューズ、バッグ、革小物、ジュエリー、サングラスといったすべてのアイテムがアートギャラリーさながらの照明の中に浮かび上がり、ロジェヴィヴィエの真髄である洗練とモダニティを表現します。


(写真は、松屋銀座にオープンしたロジェヴィヴィエの店頭)
ロジェヴィヴィエは、1937年にパリにブティックをオープンして以来、女性のための洗練されたシューズ、バッグ、アクセサリーを発信し続け、世界中の女性たちの心を虜にしてきました。2002年にロジェヴィヴィエのクリエイティブディレクターに就任したブルーノ・フリゾーニはブランドの歴史に敬意を払い、創造性と現代性を取り入れることで、ロジェヴィヴィエをラグジュアリーなファッションアクセサリーのブランドへと押し上げました。同時に、ロジェヴィヴィエは、アンバサダーを務めるイネス・ド・ラ・フレサンジュがエレガントに体現するパリ流シックの象徴にもなっています。常にハリウッドセレブら最もエレガントな女性たちの足元を飾る、注目のブランドです。



_MG_9014.JPG
売場面積73?という広々として空間が特徴。



_MG_9026.JPGシューズをはじめ、バッグ、革小物などフルコレクションが楽しめます。


 
【問】トッズ・ジャパン 0120-102-578


■関連記事
10月2日(水)より阪急メンズ東京1F イベントスペースにエトロのポップアップストア「SERA(セラ)」がオープン
フェンディの"手仕事"を感じ取ることのできる「セレリア」のトートバッグ!
シャングリ・ラ ホテル 東京で『アフタヌーンティー with シャンハイ・タン』を提供!9月26日にファッションショーも!!