写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京都府京都市上京区の晴明神社で、安倍晴明が年に一度、この地に舞い降りて来ると伝わる祭「晴明祭」が開催される。開催日は9月22日、23日。

○安倍晴明が年に一度舞い降りる日

晴明祭は、22日(秋分日前夜)に行われる「宵宮祭」、23日(秋分日)10時から行われる年中の最も重要なる祭儀「例祭」、「神幸祭」で構成される。

「宵宮祭」では、古式ゆかしい「御湯立神楽」を奉納。巫女が煮立ったお湯の中に入れた笹を振り回しお祓いするほか、地元の子どもたち約100名が列をなす「ちびっこお迎え堤灯行列」を実施する。年中の最も重要な祭儀「例祭」では、氏子奉賛会や講社員が多数参列し献茶、献花などを行うほか、境内に露店が立ちならび賑わいを見せるという。

また、「神幸祭」は神輿の渡御で、堀川通を中心に西は智恵光院通、北は寺ノ内通、南は下長者通の間の氏子町内を練り歩く。御輿は「本社神輿」のほか「桃薗みこし」、「聚楽みこし」の巡幸を見ることが可能。祭列には少年鼓笛隊、菊鉾、扇鉾、獅子、御神宝、飾馬や晴風稚児、八乙女、四神稚児などが美しい装いで参加する。

(OFFICE-SANGA)