尼崎事件、裁判員選任で辞退多数

ざっくり言うと

  • 尼崎市のドラム缶遺体事件の裁判員選任で神戸地裁は20日、裁判員と補充裁判員を決めた
  • 地裁は多数の辞退者を想定し、通常より多い270人を候補者に選んだ
  • 候補者から184人を呼び出したが、出席者は48人だった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング