ビジネスデーなのにこのチケットを手に入れるまで30分。遊ぶまでに40分かかりました…

写真拡大

 東京ゲームショウ2013レポート、第2回目は家庭用ゲーム機について会場で感じたことをお伝えしよう。

※いち早くコンパニオンさんの写真が見たい方はコチラから。

家庭用ゲーム編:2つの次世代ゲーム機が初披露!そのとき会場は…

 2012年の年末に発売された任天堂(7974)の次世代ゲーム機「Wii U」に続き、2013年にソニー(6758)がPlayStation 4、マイクロソフトはXBOX ONEを発表した、残念ながら日本での発売は来年と発表されてしまったが、東京ゲームショウでは世界で初めて最新ゲーム機に触れることができる。早速触ってきた。

 まずはソニー(6758)のPlayStation 4。細かい性能は省略するとしてPlayStation 3から7年ぶりのフルモデルチェンジ。つまり5年以上は戦える性能と様々な機能を盛り込んでいる。朝一番で並んだのに、整理券をもらうまで30分、さらにゲームを試遊するまでに40分待ち。注目度の高さはピカイチだった。PlayStation 4は2014年2月22日発売予定で3万9980円(税抜)。

 次はXbox ONE。こちらもPlayStation 4に負けない性能を持っている。【感想】こちらも綺麗。XBOX ONEの発売時期と価格は日本での市場も影響してか明言されていないが2014年に発売予定で海外価格ではPlayStation 4より1万円ほど高くなるようだ。こちらはゲームにもよるが比較的並ばずに試遊することができた。

 どちらのゲーム機も画面はとても綺麗になったが、新しい機能を駆使したアピールをあまり強く見られなかったのは少し残念。任天堂(7974)も苦戦している中で発売する4〜5万円の最新家庭用ゲーム機は果たしてどこまで受け入れられるのかは未知数であるが、決して左うちわではない状況であることは確かと言えそうだ。

日本のゲームソフト会社はどこへ行く!?

 ゲーム機の販売台数は減少傾向にあるとはいえ世界中で売られるため、ある程度の台数は普及していくだろう。しかしゲーム機の中で動く国内のゲームソフト会社はどうだろう。海外で飛ぶように売れていた日本のゲームも現在では海外はおろか日本国内でも厳しい状況が囁かれている。ゲームが複雑化し開発費の高騰も止まらない。よりシビアな選択を迫られているであろう日本のゲームソフト会社を取材した。

 日本のゲーム会社のブースを見渡すとPlayStation 3とXbox 360、ニンテンドー3DSといった現行ゲーム機の展示が多い。次世代機向けのゲームは「海外向け」のゲームが多い印象だ。そして去年ほどのアピール度合いほどではないがスマートフォン用ゲームも並んでいる。いわゆる大作ソフトが少ないためかも知れないが、お互いを補完しあっているバランスの良さも感じた。

 「DARK SOULS II」というゲームがある。フロム・ソフトウェア開発の2014年発売予定のゲームだ。前作は日本では37万本ほどのセールスだが、海外では236万本売れている。このようにどちらかと言うと海外にターゲットを絞っているゲームも出始めている。

 そして去年の東京ゲームショウで発表され、2013年9月14日にようやく発売されたカプコン(9697‎)のニンテンドー3DS用ソフト「モンスターハンター4」の売上本数が発売から4日間で国内で200万本を突破したとニュースがあった。

 さらに最近スクウェア・エニックス(9684)が発売した「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」というオンラインゲームが、国内で予想以上に人気が出たために一時サーバーがパンク状態になるというニュースが話題となった。このゲームはオンラインに接続するため毎月1,000円程度の基本料金が必要。敷居が高いジャンルにも関わらず人気を博している。

 取材を通して感じたことは、「多くの人が遊びたいと思うゲーム」を作り出すことができればソーシャル・家庭用問わず売れている。これはゲームに対してまだまだ潜在的なニーズが高いとも言える。任天堂のマリオやポケットモンスターのように日本でも海外でも安定して売れ続けるゲームは減少傾向にあるが、それぞれのニーズに合ったゲームをいかに提案できるかが、やはり今後も鍵になるのではと感じた。

次ページではコンパニオンさん写真第2弾を公開中!

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)