写真提供:マイナビニュース

写真拡大

都市再生機構西日本支社(以下、UR西日本支社)とムジ・ネットは、「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」の第2期の募集を実施する。募集の受付開始は10月5日から。

2012年6月、両社は「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」を立ち上げ、新たな賃貸住宅リノベーションに取り組んできた。今回のプロジェクトは、団地のもっている様々な可能性を生かし、これまでにない暮らし方を賃貸住宅で実現しようとする試みとなる。

○こわしすぎず、つくりすぎない

リノベーションは、団地の歴史を生かしつつ今後も多くの人が長く住み続けていかれるよう、「こわしすぎず、つくりすぎない」というコンセプトで行う。また、住宅の素地を生かして、「住み手が自由にできる余地を残す」ことができるように、様々な工夫を行っている。

今回の募集プランは2013年1月に記者発表・2月に募集し、若い世代を中心に好評だった住戸と同プラン。「リバーサイドしろきた」(大阪市都島区)は、家具などで自由に仕切れるよう小天井を設けている。募集戸数は5戸で、月額家賃は7万4,100円〜8万1,600円。

「泉北茶山台二丁」(堺市南区)は、床材に麦わらパネルを使用。募集戸数は4戸で、月額家賃は5万2,500円〜5万4,100円。「新千里西町」(豊中市新千里西町)のプラン4は、麻畳を敷いた一体空間。募集戸数は4戸で月額家賃は7万900円〜7万3,000円。プラン5はシェアルームの暮らしを意識して居室を独立させ、浴室をシャワーブースへ変更している。募集戸数は1戸で、月額家賃は9万7,500円。

募集についての情報は、UR西日本支社ホームページにおいて配信を行う。申し込みは、UR都市機構所定の申込書による郵送申し込み、「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」募集用現地案内所(3団地)での現地申し込み、またはUR都市機構公式サイトから(事前登録が必要)受け付ける。

受付開始は10月5日、入居開始は11月9日以降を予定している。

(フォルサ)