上陸5周年H&M 広島路面店にカープとサンフレッチェ選手が来店

写真拡大

 「H&M(エイチ&エム)」が、中国地方初の店舗「H&M HIROSHIMA」を9月21日にオープンする。19日に開かれたプレパーティーには、ゲストとして「広島東洋カープ」や「サンフレッチェ広島」の選手らが多数来場。2013年9月で日本上陸5周年を迎えた「H&M」は広島出店を皮切りに、年内に国内店舗数を37店舗まで拡大させることを発表している。

H&M広島のパーティーにスポーツ選手来場の画像を拡大

 「H&M HIROSHIMA」が出店するのは、広島市中区にある広島PARCO(パルコ)の向かいに建つビル。人気ショップが立ち並ぶ本通り商店街を抜けた好立地で、売場面積は約2,000平方メートル。地下1階から地上5階まで、国内最多フロア数となる6フロアで構成され、地下1階から3階までにウィメンズ、4階と5階にメンズを展開する。家族とともに来店したサンフレッチェ広島の佐藤寿人選手は「ここは長年空きビルだったので、賑やかになって嬉しい。広島の新しいシンボルになってくれれば」とコメント。広島東洋カープの前田健太選手は「しばらく混むと思うので、今日たくさん購入して帰ります。季節が変わる頃にまた来たいですね」と話し、買い物を楽しんだ。

 「H&M」は、国内30店舗目となる「H&M HIROSHIMA」がオープンした後も、新潟県と栃木県、鹿児島県、三重県、そして北海道に初の店舗を構える予定。静岡県や千葉県への出店も含めると年内に計8店舗を出店する計画で、2014年には大分県への初出店も控えている。

■H&M HIROSHIMA
 場所:広島県広島市中区堀川町7-6
 オープン日:2013年9月21日11時