<ANAオープン 2日目◇20日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「ANAオープン」の2日目。後半スタート組も全員スタートした時点で、初日6アンダーで2位タイにつけてた小田孔明が6バーディ・2ボギーの“68”をマーク、4つ伸ばし通算10アンダーで単独首位に躍り出た。2打差の通算8アンダー単独2位には藤田寛之、通算7アンダー単独3位にキム・ヒョンソン(韓国)がつけた。
 初日7アンダー単独首位の片山晋呉はスタートホールでボギーを叩き通算6アンダーに落とし4位タイに後退した。注目の松山英樹は、この日3つ伸ばし通算5アンダーで9位タイに浮上した。ちなみに小田、藤田、キム、松山の4人はすでにホールアウト、後続の結果を待っている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山は26位タイ発進、後半失速も「初日で優勝が決まるわけじゃない」
片山晋呉、悪いことは出しつくした!?北海道での初Vへ単独首位発進
松山英樹の2日目のプレーはここでチェック!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング