火星「生命存在」の可能性低い

ざっくり言うと

  • NASAの火星探査車での調査の結果、火星の大気に存在するメタンガスは微量と判明した
  • メタンガスの体積濃度は推定値の約1/6だった
  • 微量とわかったことで、火星に生命が存在する可能性はかなり小さくなった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング