写真提供:マイナビニュース

写真拡大

銀座一丁目に集まる広島・山形・茨城・福井・高知・沖縄の6県のふるさとショップは、4回目となる連携イベント「ぶらり銀座一丁目 秋の収穫 酒まつり」を10月4日〜6日に開催する。同企画は、2012年秋に広島・山形・高知・沖縄の4県の連携でスタートし、今年春には茨城、夏には福井の参加で6県に拡大した。

○東京で日本の小旅行気分を楽しめる

参加するショップは、「広島ブランドショップ TAU(たう)」「茨城マルシェ」「銀座わしたショップ(沖縄)」「まるごと高知」「食の国福井館」「おいしい山形プラザ」の6店舗。

イベント参加には、1,000円(前売り900円 9月21日〜10月4日に各県ショップで販売)の酒まつりパスカードが必要。参加すると、スタンプラリー方式で6県のふるさとショップで各県銘酒を1杯ずつ、名産のおつまみと併せて試飲できる。

すべてのショップで試飲すると、広島ブランドショップTAUで空クジなしの抽選会に参加できる。TAUのパスカードを持参すると、同店で広島の銘酒を無料で試飲可能となる。

開催日時は、10月4日17時〜19時(プレオープン、抽選会は実施しない)、10月5日〜6日10時30分〜17時。

(フォルサ)