●TALE12 ローザミスティカ

(画像:「ローゼンメイデン」公式Webサイトより)
©PEACH-PIT・集英社/ローゼンメイデン製作委員会

●キャスト
桜田ジュン:逢坂良太
真紅   :沢城みゆき
雪華綺晶:千葉千恵巳
水銀燈 :田中理恵
翠星石 :桑谷夏子
蒼星石 :森永理科
金糸雀 :志村由美
雛苺 :野川さくら
桜田ジュン(中学生):真田アサミ
柏葉 巴 :倉田雅世
桜田のり:力丸乃りこ
柿崎めぐ:河原木志穂
草笛みつ:川瀬晶子
ラプラスの魔:三上哲
斉藤さん(さいとう):高森奈津美
山口(やまぐち):須藤翔

●ストーリー
引き籠りの中学生・桜田ジュンの元に届いた一通のダイレクトメール。

「まきますか まきませんか」

その選択により世界は枝分かれした。

「まきます」を選んだジュンは真紅と出会い、「まきません」を選んだジュンは真紅と出会わないまま、やがて大学生になっていた。

決して交わるはずのない世界。だが、ふたつの世界は繋がってしまった!!

ひきこもりを克服して外に出たものの、自分の居場所を見つけられない「まかなかった」ジュン。

「ローゼンメイデン」が存在するはずのない世界にやって来た真紅。その出会いがもたらすものは!?
●後悔
翠星石「嫌っ!蒼星石、駄目です!」

閉じられた世界の大時計を動かす事に成功した蒼星石。彼女は代償として水銀燈へローザミスティカを返す事になったのですが…。

そして、真紅も期限が来たため仮初めのボディが砕け散ってしまいました。

過去は変えられない、かつての真紅の言葉ですが、もし巻いていれば…。桜田ジュンは後悔のため涙しますが…。
●真紅、復活!
桜田ジュン(中学生)「諦めるな!まだ間に合う!諦めたらそこで終わりだ!受け取れ、巻かなかった僕!」

桜田ジュン(中学生)が持参したのは真紅の本当のボディ。雛苺の人工精霊ベリーベルがずっと守ってきたもの。

桜田ジュン(中学生)「すぐにローザミスティカを入れれば息を吹き返す。」

桜田ジュン(中学生)に促されて、桜田ジュンは真紅の本当のボディにローザミスティカを入れ、そしてねじを巻くと…。

真紅「ジュン…。」

真紅は目覚めます。そして開口一番、ツインテールへ2人の桜田ジュンにビンタをして、

真紅「2人とも起こすのが遅い!」

相変わらずですが、どうやら真紅は無事に復活したようです。
●水銀燈の疑問
蒼星石「さて、話を戻そうか?僕のローザミスティカを返す件について。」

大粒の涙を流す翠星石。それら一連の光景を見た水銀燈は何と、

水銀燈「興が削がれたわ。今日のところは見逃してあげる。」

水銀燈自身、アリスゲームについて疑問を持ったようで、蒼星石もしばしの猶予を頂けた模様。

そして水銀燈は立ち去り、マスターである柿崎めぐの所へ戻ります。

柿崎めぐ「あら。」

柿崎めぐはいつものように水銀燈の髪を結い、自らの境遇を自虐的に語ります。

柿崎めぐ「水銀燈、いつか私を連れて行って。」

水銀燈にとってマスターである柿崎めぐの存在は決して無視出来ない大きなもの。そして2人の関係はドールとマスター以上の関係となっているようです。
●たった一つ違う元通りの世界
巻かなかった世界の桜田ジュンが「nのフィールド」から現実世界へ戻るときがやってきました。それは真紅達との別れでもありますが…。

真紅「いよいよお別れね、仮下僕!」

真紅の口振りは相変わらずですが、彼女の本心としては少々寂しいようで…。

そして彼が目覚めると、斉藤さんの舞台劇の途中。

桜田ジュン「帰って来たんだ…。」

そう、真紅達との出来事はあたかも何も無かったように、現実世界では元通りになったようです。いや、真紅がいない事以外は…。

「ローゼンメイデン」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「ローゼンメイデン」第11話「真紅、砕け散る!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ローゼンメイデン」第10話「蒼星石の復活!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ローゼンメイデン」第9話「雪華綺晶の目覚め」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ローゼンメイデン」第8話「真紅、女優デビュー!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ローゼンメイデン」第7話「てのひらの人形」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「ローゼンメイデン」TVアニメ公式Webサイト