iVIS mini(ホワイト)

写真拡大

キヤノンは2013年9月17日、「置き撮り」「自分撮り」など自由なスタイルで撮影できるデジタルビデオカメラ「iVIS mini」を、同社オンラインショップ限定で発売した。価格は、2万9980円。

対角約170度のワイドアングルレンズ

対角約170度(動画撮影時は約160度)のワイドアングルレンズを搭載し、狭い空間でも隅々まで撮影できるほか、遠近感が強調された印象的な映像表現を生み出す。また、タッチパネル対応の2.7型バリアングル液晶モニターと、最大で約60度まで自立する内蔵スタンドを取り入れ、「置き撮り」「自分撮り」などに対応した。

約1280万画素のCMOSセンサーと、映像処理プラットホーム「DIGIC DV 4」を組み合わせた高感度システム「HS SYSTEM」により、暗い室内でも解像感が高くノイズを抑えた映像を残せる。

左右反転させた記録/再生が行えるミラーイメージ機能を備えるほか、Wi-Fiに対応し、録画映像のSNSなどへのアップロードや、スマホなどによるカメラのリモート操作が行える。

カラーは、ホワイトとブラックの2種類。サイズは幅76×高さ22×奥行き96ミリ、重量は180グラム(撮影時)。