サブウェイのサンドイッチ包装材で作られたドレスが話題

写真拡大

 サンドイッチチェーン「SUBWAY(サブウェイ)」の包装資材で制作されたドレスが、インターネット上を中心に話題を集めている。2014年春夏のウィメンズコレクションを発表するニューヨーク・ファッションウィーク期間中に発表されたもので、サンドイッチラップや紙ナプキンで仕立てられた8着のドレスがランウェイを飾った。

サブウェイの包装材ドレスが話題の画像を拡大

 世界4大都市を巡るコレクションサーキットの期間中に開かれた今回のファッションショーは、「SUBWAY」の包装資材でドレスを制作するという主旨のコンテスト「Project SUBWAY hits the Runway」の作品として制作された。ランウェイには丸めたテイクアウト袋で作られたワンショルダードレスやサンドイッチの包装紙を幾重にも重ねたバルーン型のスカートなど多彩な作品が登場し、北京オリンピック体操女子個人総合の金メダリストNastia Liukin(ナスティア・リューキン)やスパイス・ガールズのMelanie Brown(メラニー・ブラウン)といった著名人がコンテストの審査員を務めた。

 グランプリを獲得したのは、イタリア人デザイナーのDanilo Gabrielli(ダニロ・ガブリエル)。受賞作品はニューヨーク・ミッドタウンの「SUBWAY」に展示され、賞品としてフットロングが1年間無料で振る舞われるという。