「犬のための建築展」原研哉、妹島和世、隈研吾など13組が参加

写真拡大

 犬と人間の幸福のための建築プロジェクト「ARCHITECTURE FOR DOGS 犬のための建築展」が、「TOTOギャラリー・間」で開催される。原研哉がディレクターを務め、妹島和世や隈研吾といった世界をリードする建築家やデザイナーらが制作した13作品を展示。開催期間は10月25日から12月21日まで。

犬のための建築展開催の画像を拡大

 「ARCHITECTURE FOR DOGS 犬のための建築展」は、デザイナー原研哉のディレクションのもと、犬の尺度で建築を捉えなおすことで新たな建築の可能性を追求するプロジェクト。「原研哉×ティーカッププードル」をはじめ、「妹島和世×ビションフリーゼ」「隈研吾×パグ」「坂茂×パピヨン」「トラフ建築設計事務所×ジャックラッセルテリア」「伊東豊雄×柴犬」など、犬種を特定してデザインされた13作品が3階の第1会場と中庭に展示される。

 4階の第2会場では、原研哉が設計した犬と人間が自然に視線を合わせるための装置「D-TUNNEL」の模型を展示。13作品を実際に犬が使用している動画や、iPadによる同展公式サイトなどもディスプレイされる。

■ARCHITECTURE FOR DOGS 犬のための建築展
 会期:2013年10月25日(金)〜12月21日(土)
 会場:TOTO ギャラリー・間(東京都港区南青山 1-24-3 TOTO乃木坂ビル 3F)※会場へのペット同伴は不可
 休館日:日曜日・月曜日・祝日 ※ただし10月27日(日)、28日(月)、11月3日(日)、4日(月)は開館
 開館時間;11:00〜18:00(金曜日は19:00まで) 入場無料
 公式サイト:http://architecturefordogs.com/
 参加作家:アトリエ・ワン、伊東豊雄、MVRDV、隈研吾、コンスタンチン・グルチッチ、妹島和世、トラフ建築設計事務所、内藤廣、坂茂、藤本壮介、ライザー+ウメモト、原デザイン研究所、原研哉