写真提供:マイナビニュース

写真拡大

近畿日本鉄道はこのlほど、大阪市阿倍野区に2014年春グランドオープン予定の超高層複合ビル「あべのハルカス」の展望台「ハルカス300」のロゴマークとマスコットキャラクターを発表した。

○マスコットキャラは空に住むくま「あべのべあ」

同施設は、地下5階・地上60階建てで300mの高さを持つ超高層ビル。百貨店のほかオフィス、ホテル、美術館で構成され、58階〜60階は大展望台「ハルカス300」となる。

「ハルカス300」のロゴマークは、空高く浮かぶ「雲」をモチーフに、「300」の数字と笑顔を表現し、ワクワク・ドキドキする楽しさや驚きと癒やしの空間を印象づける。また、より多くの人に親近感を持ってもらい愛されるよう、柔らかなやさしいフォルムで構成した。

マスコットキャラクターとしては、地上300mの空に住む「空もよう」のくま「あべのべあ」が登場。プロフィールは8月30日生まれ、性別はオトコ。空のようにおおらかで、雲のように気ままな性格。やさしくて、のんびり屋。ゆったりとした「空じかん」の中で暮らしているので、寝ることが大好き。好きな食べ物は雲。虹の上を歩くことができる。お天気が変わると、カラダの「空もよう」が変わることがある。 同キャラクターは、同展望台の広告塔としてPR活動の中心的存在となり、様々なイベントに登場する予定だという。

「あべのハルカス」の場所は大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1-43。グランドオープンは平成26年(2014年)春を予定。展望台入場料金は大人1,500円、中高生1,200円、小学生700円、4歳以上の幼児500円。詳細は「あべのハルカス公式ページ」を参照のこと。

(エボル)