9月18日に開催された『AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会』では、ゆるキャラのふなっしーがAKB48の小嶋陽菜の応援に登場して会場を沸かせた。小嶋陽菜は惜しくも3回戦で敗れて選抜メンバーには入れず、ふなっしーとしても責任を感じたようだ。会場を後にして次の仕事へ向かうふなっしーが、ツイッターで小嶋へお詫びのメッセージを伝えている。

小嶋陽菜は千葉県船橋市の非公認ゆるキャラ・ふなっしーがお気に入りで、8月の後半からツイッターを通じて交流していた。じゃんけん大会でも小嶋陽菜はふなっしーをイメージした衣装に身を包んで登場したが、彼女をサポートするように本物のふなっしーが現れると場内がいっそう沸いたのである。

Dブロックの2回戦で小嶋が野澤玲奈(JKT48・AKB48)に勝つと、ふなっしーがキレの良いジャンプを披露。「2メートルは跳んでいる」とツイッターでも話題になったほどだ。だがふなっしーの応援もむなしく、小嶋は選抜入りが決まる3回戦で平田梨奈(AKB48)に負けてしまった。

対戦が終わると、やがてふなっしーの姿は消えていた。『ふなっしー(funassyi) ツイッター』には、「ふなっしーこじはるとの共演沸いたよ! にゃんにゃんの応援してくれてありがとう!」といったツイートも届いている。

そんなつぶやきに答えるように、ふなっしーは「ふにゃんしー力足りなくて申し訳なかったなっしー。勝たせてやりたかったなっしー。そして武道館を後にして次の収録なっしー」と小嶋陽菜とそのファンに力になれなかったことを詫びるようにつぶやいて、次の仕事へ向かった。

およそ1時間後には小嶋陽菜から「ふなっしーの可愛さ、パフォーマンス、サービス精神に感動しました。ふなっしーありがとう」とツイートがあった。さらに彼女は「大好きなふなっしーと一緒に舞台に立てて幸せなっしー!」というメッセージと、じゃんけん大会でふなっしーが彼女を見守る写真を掲載している。

ふなっしーも「ふにゃんしーお疲れさまなっしー。こちらこそ嬉しかったなっしー。ありがとなっしー」と返しており、少しへこんでいた気持ちも晴れたようだ。

“ふにゃんしー”こと小嶋陽菜とふなっしーの素敵な関係は、これからも続きそうである。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)