モバイルバッテリーは表示容量の約6割しか使えない?

写真拡大

外出先や電車など公共の交通機関で、モバイルバッテリーをスマートフォン(スマホ)に接続して充電する光景を多く見かけるようになりました。世間でもようやくモバイルバッテリーが普及してきたといってもいいかと思います。利用者の増加に伴い量販店やネット通販でも多種多様なモバイルバッテリーが販売されています。

そんなモバイルバッテリーですが、最近では、10000mAhを超える大容量の製品も増えて来ました。スマホ本体のバッテリーも大容量化してきたことから、モバイルバッテリーの容量も大容量のものを選びたくなるところですが、多くの人がモバイルバッテリー購入時に目安としているのが「○○mAh」表示です。この容量の表示ですが、実は表示の約6割しか実際には使えないということを知っていますか?


■モバイルバッテリーの容量表示
「○○mAh」という容量表示は、1時間あたり、○○mAを出力できるという意味です。
5000mAhの製品であれば、2500mAhのスマートフォン(スマホ)を2回はフル充電できると誰でも思いがちです。

ところが、このバッテリー容量の3〜4割は充電に使われないのです。これは、モバイルバッテリーからスマホに充電する際に「変換ロス」が発生しているからです。


■「変換ロス」ってどういうことか
充電する側のモバイルバッテリーに搭載されている電池の電圧は、ほとんどが3.7Vと言われています。一方、充電する側に接続するスマホのUSB端子は5Vの電圧です。さらにスマホに内蔵されている電池は3.7V〜4.2Vなので、充電する際には、モバイルバッテリーの電圧3.7Vを昇圧と降圧をする必要があるのです。

この変換がくせ者で、変換の際に約-20%ほどのロスが発生します。つまり、5000mAhのバッテリーだと、2回変換されて、3200mAhほどになるというわけです。2回フル充電できると思ったら、実質は1回半くらいしかできない計算です。

■製品によって変換ロスは違う?
変換ロスをなくすことはできませんが、製品によっては変換ロスが大きくなるもの、小さいものがあるそうです。主に、回路設計の善し悪しで決まるのですが、現実にどの程度違うかなどは、製品に記載されることはないので、購入時に確認する術は事実上ありません。


■モバイルバッテリー選びの対策
製品の変換ロスはスペックや仕様に記載されていないので、消費者としてできる対策は、以下になります。
1.製品レビューなどを参考にする
2.リチウムイオン充電池の品質管理が高い国内メーカー製を選ぶ
3.容量が2〜3割大きめのバッテリーを選ぶ

1や2は、調べる手間や価格が割高になったりします。そこで、3の海外製品でも大容量の製品を選べば良いと考えがちですが、海外製品にはJIS規格外の製品もありますので、かなり注意が必要です。中には、表示容量に満たない製品などもないとは言えません。また、大容量製品では、重さや大きさも重要になります。10000mAh以上の製品を購入しても、日常で持ち運べないほど大きくて重いければ、実用的ではいでしょう。

短気は損、大は小を兼ねるとは限らないので、自分が必要な容量の2割増し程度の容量と大きさや重さも確認して製品を選び、容量表示を過信せずに活用することが大切です。