「誰でもカンタンにビジネスで成功できる!」「ちょっとした工夫でビジネススキルをアップさせる!」──そんなことを謳うセミナーが、全国各地で開催されているが、規模は小さくても、同様のことはセミナー会場以外でも行われているようだ。

 都内のある喫茶店で働くAさん(28歳)は、ビジネススキルや起業について、熱く語る男性を、店内でたびたび目にしているという。

「大学生風の方から、ビジネスマン風の方、それから引きこもりのように暗い方まで、色々な方がその男性の席につきますね。注文を受けたり水をかえるたびに席に近づくと、かならずフェイスブックのページを開いて何か説明しているんです。

 聞こえてきた話では、フェイスブックにアップしている写真から相手の特性を掴んで、いかにビジネスにつなげるか、という話をしていました。喫茶店で英会話レッスンをしているのはよく見かけますが、その自己啓発版という感じで、たいした話はしていないのにお客さんはすごく熱心に聞き入っていました」

 また別の女性Bさん(24歳・大学院生)も、カフェで“スキルアップ講座”らしきことを行なっている現場を、度々目撃するという。

「先日は、『結局ビジネスにとって大事なことって、すべてONE PIECEから学べるんですよ』っていう話を、熱く語っている男性がいました。向かいの席には、それにうなずきながら、必死でメモしている静かそうな男性がいて……。今の自分をどうやったら変えられるか、ということをONE PIECEの話にひきつけて話していました。

 約1時間くらいすると、今度は大学生くらいのカップルが席について、『○○さんにお会いできて感動です!』と言いながら、起業の相談をしていました」