写真提供:マイナビニュース

写真拡大

イデーと日本テトラパック、三木特種製紙は10月25日、3社コラボレーションによる「飲料用アルミ付紙パックを利用した再生材でつくった家具」の試作モデルを、東京都・六本木で展示発表する。

○計10点の試作モデルを展示

同モデルに使用されている素材は、回収済み飲料用容器を利用したオリジナル再生材。三木特種製紙の持つ技術を応用し、日本テトラパックの飲料用紙容器「テトラ・ブリック・アセプティック容器」をリサイクルして作られた。イデーではこれを「テトミックス(TETmix)ボード」と名付けている。

「テトラ・ブリック・アセプティック容器」は、飲料の風味や鮮度保持、輸送性にメリットがありながらも、紙以外の原料を含むことから回収とリサイクルは難しいとされてきた素材。

試作モデル第1弾は10月25日〜11月4日に、イデーショップ東京ミッドタウン店(東京都・六本木)で一般公開する。スツール3種類、カフェテーブル1種類、チェア1種類、オブジェ1種類の計6種類、10点が試作モデルとなっている。イデーは2013年春以降、同モデルを主に公共施設や民間施設向けとして、製品化と建築内装材としての利用提案を計画している。