アイドルグループ、AKB48の34枚目のシングルの選抜メンバーを決めるAKB48第4回じゃんけん大会が18日、日本武道館で開催され、SKE48、チームSでAKB48、チームKを兼任する松井珠理奈が優勝した。松井珠理奈はSKE48に一期生として加入。加入後にAKB48のセンターにも抜擢され、その後はSKE48のセンターとして活躍している選抜常連のメンバーである。

 メンバー選抜常連のメンバーが勝ち上がったことで、ネット上でも、「これは話ができすぎてないか」との声が挙がったのも事実で、また昨年の優勝者である島崎遥香が、すべてチョキで勝って優勝し、今年の珠理奈も、すべてパーで勝っていたことから、その論調に拍車がかかったようだ。そんな中、HKT48の下野由貴が、じゃんけん大会終了直後にgoogle+で、「じゅりなさんがセンターって、また八百長疑惑出そうなくらい凄すぎる!?」とコメント。ただ、この発言には、問題があるとすぐに感じたようで、1時間もしないうちに、「さっきは、誤解をうむコメントしてすみません! 下野も去年出たので、メンバーみんな真剣にじゃんけんしてることは知ってます」と謝罪。さらに、「本当にメンバーやスタッフさんにも申し訳ないです」とも書き込んだ。現在はそのコメントも削除されている。

 ファンからは、「別に悪気があって書いたような感じもないけど」と理解を示す声が挙がっている。