モンクレール、取締役会の新人員を発表

写真拡大

 モンクレール社の取締役会にSergio Buongiovanniが加わることが発表された。Sergio Buongiovanniは、AllisonとのジョイントベンチャーによるアイウェアコレクションMoncler Lunettes(モンクレール ルネット)の会長やIndustries Sportswear Companyの取締役会の一員など国内外のグループ子会社で要職を務めており、現職は今後も継続。モンクレール社における新たな役職では、会長のRemo Ruffini(レモ・ルッフィーニ)と共に重要な決断を下していく。

モンクレール取締役会に新人員の画像を拡大

 モンクレール社の取締役会に加わるSergio Buongiovanniは、グループ内で長年にわたる最高経営層で、また株主の一人として0.25%の株式を保持しており、「MONCLER」を成功に導いた主要人物の一人だという。会長のRemo Ruffiniは、Sergio Buongiovanniについて「彼の変わらぬ貢献は、今後のビジネスにおいてモンクレールの価値の更なる向上を確実なものにする助けになると私は確信しています」とコメントを発表している。またモンクレールでは、2009年からマネージング・ディレクター兼ジェネラル・マネージャーを務めるLuciano Santelが9月16日付でチーフ・コーポレート・オフィサーに就任。全スタッフおよび共有サービス機能のグローバル責任者を務める。