<ANAオープン 初日◇19日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>
 
 北海道の札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コースを舞台に国内男子ツアー「ANAオープン」が開幕、秋晴れの気持ちよい初日となった。
 先日の国内ツアー復帰戦「フジサンケイクラシック」でいきなり勝利を収め、今季3勝目を挙げた松山英樹。先日の試合ではショットが不調で4打差で迎えた最終日、後続に追いつかれプレーオフに突入、辛くも勝利をつかんだ。練習ラウンドではその不調に陥ったショットを丸山茂樹にアドバイスを受けるなどし精力的に修正に努めた。「フジサンケイのときより良くなっている」と本人も語るように丸山効果が早くも現れ、復調の兆しを見せている。
 今大会では倉本昌弘が挙げた新人最多勝利記録4勝に並べるかが注目となっている。今後、国内ツアーから一時離れることとなる松山。今大会の優勝で2戦連続Vと新人勝利タイ記録を決め、世界への挑戦に弾みをつけたい。
 
 その松山は同大会歴代覇者の藤田寛之とオーストラリアのカート・バーンズと共に10番ティよりスタート。スタートの10番でいきなりバーディと幸先の良い出だしを切った。
 現時点で今季初勝利を狙う片山晋呉が7アンダーで単独首位に躍り出た。片山は前半1イーグル・4バーディ・1ボギーの“32”でラウンド。後半も4バーディ・1ボギーの“33”、トータル“65”をマーク。今季初勝利に向け好スタートを切った。5アンダー単独2位にはイ・ヒュンジュン(韓国)、4アンダー単独3位に白佳和がつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
いよいよ開幕「ANAオープン」でも松山英樹の一打速報を実施!ここからチェック!
松山英樹は歴代覇者と同組に「ANAオープン」明日開幕
飛距離性能が魅力の新ドライバー、「ブリヂストンオープン」で正式発表か
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング