ソチ五輪の世界最終予選(ドイツ/12月)に出場するチームを決めるトライアル、日本代表決定戦が9月12日から(17日まで)札幌のどうぎんカーリングスタジアムで開催された。下馬評では、日本選手権3連覇中の中部電力が本命視されていたが、2002年ソルトレークシティ、2006年トリノ五輪の出場歴を持つ、小笠原(旧姓・小野寺)歩と船山(旧姓・林)弓枝を擁する北海道銀行が、戦前の予想を覆(くつがえ)して代表キップを手にした。

"女王"中部電力は、最後まで"らしさ"が見られなかった。予選リーグから氷の特徴を捉えきれず、消極的なショットをチョイスすることが多く、勝負どころでのミスが目立った。特に、決勝で代表権を争った北海道銀行との対戦では、全6戦中(2勝4敗)、第5エンドまでにリードしていたゲームはわずかに1試合。常に後手、後手に回る展開を強いられて、身上である「攻めるカーリング」は影を潜めたまま終わった。

 ソチ五輪への道が絶たれた中部電力の主将・市川美余は、大粒の涙を流しながら「追われる立場として、プレッシャーが存在した」と、振るわなかった大会を振り返った。

 そして、スキップの藤澤五月も「五輪」という未知なる領域を目前にして、プレッシャーに悩まされていたことを吐露した。

「メンタル面で不安があって、そこからミスが出てしまった。勝利のことを考え過ぎて、目の前の一投に集中できない部分があった」

 トライアル未経験のうえ、"女王"ゆえの重圧もあった。勝者となり、日本代表となった北海道銀行のスキップ小笠原も、そこに勝敗のポイントがあったと語る。

「私も、7年前にトライアル(2006年トリノ五輪代表決定戦)に出場しましたが、(五輪出場をかけた)この選考は独特の雰囲気と緊張感があります。もしかしたら、五輪以上に緊張するかもしれない。本来、(中部電力の)藤澤さんはもっといいプレイをします。そういう意味でも今回、カーリングはメンタルなゲームだな、と改めて感じました」

 とはいえ、北海道銀行の小笠原と船山以外の3選手、小野寺佳歩(セカンド)、吉田知那美(リード)、苫米地美智子(リード/リザーブ)も、五輪出場をかけたトライアルに臨むのは初めてのこと。中部電力とは立場が違っても、少なからずプレッシャーを感じていたはずだ。が、彼女たち3人は、今年2月の日本選手権で非常に苦い体験をし、それを糧にして大きく成長していた。

 苦い経験の舞台は、日本選手権の決勝だった。北海道銀行は予選リーグをトップで通過し、順調に決勝進出を果たしたが、日本一を決める大一番で中部電力に4−9であっさりと敗れてしまう。その際、小笠原と船山以外のメンバー、つまり小野寺、吉田、苫米地が、緊張からベストパフォーマンスを発揮できなかったのだ。

 実際に、北海道銀行はフロント(リード、セカンド)のミスをサードの船山が修正し、スキップの小笠原が何とか試合になるように"辻褄を合わせる"といったエンドの戦いに終始。最後までリズムに乗ることができなかった。試合後、小笠原は「(3選手にも)できる技術と能力があるのに、経験不足からああいう展開になってしまった」と、大舞台での経験不足を強調した。

 それが、転機となった。

 以来、小野寺、吉田、苫米地の3選手は懸命にトレーニングをこなした。経験不足を補うべく、技術、メンタル両面のレベルアップを図ってきた。なかでも、飛躍的な進化を見せたのが、セカンドの小野寺だった。中京大学(愛知県)に通いながらも、週末のほとんどは札幌に飛んで、厳しい練習を消化。さらに、夏休みに入ってからはずっと札幌で過ごして、特訓を重ねてきたのだ。

「今年の8月は、小笠原さんに喝を入れられながら、ほぼ毎日、(ストーンを)投げ込んでいました」(小野寺)

 いい意味で開き直れたのも良かった。「ミスをしても後ろが何とかしてくる」(小野寺)という気持ちでプレイするようになり、極度の緊張感から解放されて、逆にアグレッシブなプレイを見せられるようになった。そしてその成果が、今回の代表決定戦で実った。中部電力との最終戦では、小野寺がチームに複数得点をもたらすダブルテイクアウトを2度記録。小笠原に「今回は、私が救われた」と言わしめるほどの活躍を見せた。

 だが、北海道銀行の五輪出場がこれで決まったわけではない。12月にドイツで開催されるソチ五輪世界最終予選で、出場7カ国中(ドイツ、中国、イタリア、チェコ、ラトビア、ノルウェー、日本)、上位2チームまでに入らなければいけない。

 そこで懸念されるのが、北海道銀行の海外経験の乏しさだ。ここ数年は、日本代表だった中部電力がすべての国際大会に出場してきた。海外遠征の機会や期間も、中部電力に比べると圧倒的に少なく、北海道銀行が日本代表として世界最終予選に挑むことを不安視する声は少なくない。ある関係者が言う。

「とにかく、(チームが)発展途上過ぎる。小笠原と船山以外は、世界での経験値が余りにも少ない。はたして、(ソチ五輪の)出場権を獲得できるのだろうか......」

 もちろんそれは、本人たちも十分に承知しているが、決してネガティブには捉えていない。世界経験は少ないものの、国内では数々の修羅場を経験し、それを乗り越えてきた自負がある。さらなる成長を求めて、来月にはカナダ遠征を実施する。同国内で開催されている各地の大会に出場し、11月には中国・上海で行なわれるパシフィックアジア選手権に挑む。そこでの経験が、発展途上のチームをさらに進化させるはずだ。

 小笠原が語る。

「こうして日本一になれたチームですから、まだまだ伸びると思っています。世界最終予選までに残された時間は少ないですが、これから臨む試合の一投一投に集中して、そこで多くの経験を積んでいきたい。そして、中部電力さんをはじめ、すべてのカーリング選手のために、ソチ五輪の出場権を私たちは獲得しなければならないと思っています」

 北海道銀行にとって、未体験の大一番となる世界最終予選は12月。そこに向けて、彼女たちはどれだけいい準備ができるのか。しっかりと見守りたい。

竹田聡一郎●文 text by Takeda Soichiro