どちらのサンドもソースが味の決め手

写真拡大

コンビニエンスストアのミニストップは手軽に食べられる新メニュー、ラップサンド2品(ウインナーミート・てりマヨチキン)を2013年9月17日に発売した。

手軽に食べられて、ボリューム満点のラップサンド

「ウインナーミート」はもちもち食感の四角い生地にウインナーをまるごと1本と、豚ひき肉とズッキーニ、パプリカ、玉ねぎを一緒に煮込んだトマトソースをラッピング。とろけるチーズを加えてまろやかな味に仕上げた。

「てりマヨチキン」は円形の生地に、180度の高温でじっくりと焼き上げ厚めにスライスしたローストチキンをてりやきソースとからめ、チーズとマヨネーズを合わせて包み込んだ。

価格は2品ともに210円。