【動画】台湾ブロガーKUSA ジャパンカルチャーへのラブソングで日本デビュー

写真拡大

 台湾で人気のファッションブロガーKUSA(クサ)が、配信シングル「Oo Ai Nii」でメジャーデビューした。KUSAは台湾でショップ店員として働きながら、日本の原宿・渋谷系ファッションに独自の解釈を加えたスタイルで台湾をはじめアジアを中心に人気を集めているという。

台湾のファッションブロガーKUSA上陸の画像を拡大

 ポニーキャニオンからリリースされた「Oo Ai Nii」は、中国語で「愛してる」という意味をタイトルに使用。KUSAが「愛すべき日本のカルチャーへのラブソング」をエレクトロサウンドにのせ日本語で歌い、iTunesエレクトロチャート2位を記録したことのあるサウンドプロデューサーPOCOによるソロユニット空中分解がサウンドプロデュースを手がけた。また、東京女子流や南波志帆などのリミックスを手がけた経験を持つHercelot、アップアップガールズ(仮)への楽曲提供やでんぱ組.incのリミックスを担当したPandaBoYの2名がリミックス音源を制作している。「Oo Ai Nii」は、iTunesやレコチョクほか各種サイトで配信中だ。

 日本のファッションやカルチャーを文字や写真で台湾女子に発信しているKUSAは、日本と台湾をつなぐクリエイティブラボ「LIP」のプロジェクトの一環で、今回の日本デビューが決定。9月14日に台湾で行われた写真共有アプリ「Snapeee(スナッピー)」のリアルイベントには、モデルの玉城ティナらとともに出演した。

■KUSA
 http://kusakawaii.com/