宮本勝昌とテスト中のニュードライバー(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

 8月の国内男子ツアー「VanaH杯KBCオーガスタ」でお目見えしたブリヂストンスポーツの新ドライバー。今週開催される「ANAオープン」では多くの同社契約プロがこのクラブを練習ラウンドとプロアマ戦でテストしていた。
最新のギア情報&試打レポートはこちらから
 プロトタイプのため、黄色いラインは入っているがソールは真っ黒。宮本勝昌は「ヘッドの形状がいいね。構えやすい」と上級者が好む見た目ながら、「つかまりがいい」とアマチュアでも使える易しさがあるという。そして、「今までのやつで一番弾きがいいじゃないかな」と飛距離性能も上々の様子。宮本の他にも多くのプロが好感触を得ている様子だった。
 まだ正式な発表はされていないが、このドライバーは『X-DRIVE GR』シリーズの後継モデルになるのではないかと予想される。このニュークラブがベールを脱ぐのはおそらく10月後半の「ブリヂストンオープン」になるだろう。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
今季まだ未勝利の藤田寛之「ジレンマはある」
松山英樹は歴代覇者と同組に「ANAオープン」明日開幕
「KBCオーガスタ」で発見!ブリヂストンのニュードライバー
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング