10月開催「銀座ファッションウィーク」プランタン銀座が初参加

写真拡大

 「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2014 SS」に合わせて行われるファッションイベント「GINZA FASHION WEEK(ギンザファッションウイーク=GFW)」が、10月16日〜22日に開催される。5回目の今回は、松屋銀座と銀座三越に加えてプランタン銀座が初参加し、佐藤卓のデザインによってロゴを一新。「日本の感性 GINZA WARM HEART」を共通テーマに、銀座地区を代表する3つの百貨店が共同企画や共同イベントを実施する。

GFWにプランタン銀座も参加の画像を拡大

 「GINZA FASHION WEEK」は、「世界のGINZAからファッションで日本を元気にする」ことを目的に、2011年10月から年2回開催されてきた。これまで2つの老舗百貨店が協業して実施してきたが、今回からプランタン銀座が参加。日本の匠や若手デザイナーをサポートし、またエリアの活性化を目指す「銀座地区全体の取り組み」に向けて、さらなる飛躍を目指すという。刷新されたロゴは、銀座を囲む「絆」をイメージ。イニシャルロゴを、デザイン化したg・f・wが円状に囲むようにデザインされている。

 5回目の「GINZA FASHION WEEK」は「日本の感性 GINZA WARM HEART」と題し、銀座を温めるための企画を提案。日本のものづくりが見直されている点に着目し、世界の一流ブランドから高い評価を得ている国内製のウールなどを紹介する。3社でデザインしたピンクの共同マネキンを使用し、各店で製作したオリジナルのジャパンウール商品を発表。各店でファッションショーの実施や共同の「お楽しみ袋」の販売など、7日間に渡って様々な催しが企画される。