過去2年間にわたり下落が続いてきた金(ゴールド)だが、最近、反発の兆しが見られる。そこで、ネット証券で「金」を取引する方法や、金の最新情報を入手する方法を紹介する。今回は2回目。純金取引、先物、CFD取引、そして金相場の情報を入手する方法について紹介しよう。前回の「ETF、投資信託編」とあわせてお読みいただきたい。

純金積立は毎月1000円か1グラムから

 ネット証券では従来、楽天証券でゴールド、プラチナ、シルバーを扱ってきた。今年5月からは、マネックス証券が「マネックス・ゴールド」のサービス名称で、ゴールド、プラチナ、シルバーの取り扱いを開始した。

 楽天証券、マネックス証券ともに毎月1000円、または1グラムから積立が可能だ【図表1】。また、マネックス証券の場合は、手数料・送料を別途支払うことで、100グラムか1000グラム単位で金を自宅に届けてもらうこともできる。

【図表1】純金取引の概要

証券会社 マネックス証券 楽天証券
購入価格(グラム)(9/13) 4314円 4314円
売買単位:スポット取引・積立 1,000円以上1,000円単位/1g以上1g単位 1,000円以上1,000円単位/1g以上1g単位
買付手数料 2.625% 2.625%
売却手数料 0円 0円
年会費 0円 0円
保管料 0円 0円

マネックス証券では、100グラムまたは1000グラム単位でゴールドの引き出しが可能だ

 買付手数料に関しては、両社ともに2.625%となっており、前回の記事で紹介した金ETFに比べると、高めとなっている。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)