セカンダリーのタイミングは、1カ月後。指定替え狙いも◎
人気のIPO銘柄に飛びつきたくなる気持ちはわかならくはないが、そこはグッと我慢して、セカンダリーのチャンスをうかがうべきかも。


人気銘柄の初値買いはハイリスク。上場後、1カ月は様子見か

人気のIPO株になると、上場後何日も値がつかないことがある。そして数日後に初値がついたときには、公開価格から数倍になっている。これがIPO株の最大の魅力だが、公募の抽選に当たらない限りは手も足も出ない。運よくゲットできた投資家たちが初値でせっせと利益を確定させる一方で、さらなる上昇を狙って初値買いに走る投資家も多いようだ。

IPOに詳しい金融情報会社・フィスコの小川佳紀さんは言う。

「上場したばかりの銘柄に投資することをIPOのセカンダリー投資と呼びますが、これは非常にハイリスク・ハイリターンの投資です。これまでも初値が高騰した銘柄は、初値形成後に急落するケースが見受けられ、多くの個人投資家が大切な資産を溶かしてきました」

東証マザーズなどにIPOする銘柄の大株主にはベンチャーキャピタルなどが名を連ねていることが多いが、初値が公開価格の1・5倍から2倍になれば、ロックアップ条件、いわゆるマーケットで売却してもいいという条件を満たすことになり、彼らの売り物が一気に市場に流れ出し、株価を暴落させることがあるといわれている。

とはいえ、株価の下落には限りがあるもの。セカンダリー投資のタイミングは必ずあるはずだ。

「銘柄によっても異なりますが、上場後1カ月程度経過すれば過熱感は解消しているはずです。そこからは通常の株式投資同様に業績などを判断し、投資するのがいいでしょう。ただ、上場後間もないということもあり、テクニカル分析などはあまり頼りにしないほうがいいかもしれません」(小川さん)



最近のIPO銘近柄は、すぐに指定替えするスピード出世企業が多い

もっとも、小川氏のオススメのセカンダリー投資は、東証1部などへの指定替えに先回りするというものだ。

「最近では、リブセンスやエイチームといった銘柄を筆頭に、新興市場に上場した銘柄が1年以内に東証1部市場へ指定替えとなるケースが多く見受けられます。ですから、東証1部の指定基準を満たすとみられる銘柄を先回り買いしてはどうでしょうか」

下記が、時価総額40 億円以上、最近2年間の経常利益の合計が5億円以上といった東証1部の基準を満たしている銘柄群だ。

当然、指定替えが発表されれば株価は上昇へ向かうはず。さらに指定替えした暁には、TOPIX(東証株価指数)などに連動する投信などの買いが期待できるというわけだ。「現時点で、最もその可能性を秘めている銘柄といえば、東証マザーズに上場しているアニコムホールディングスやコロプラではないでしょうか。また、今後IPOする銘柄の中にも、そんなお宝銘柄があるかもしれません」と小川さん。

気になる投資家は、最近のIPO銘柄をいま一度洗い直してみてはどうだろうか。



2013年のIPO銘柄

アニコムホールディングス(東マ・8715)
1339円(100株)
時価総額(億円):230.7
前期経常利益(億円):8.4
今期予想経常利益(億円):10.1
今期予想経常増益率:20%
ペット保険の国内最大手。ペット保険市場は拡大傾向にあり、日本は英国、北米に次いで3番目の市場。業績拡大余地は大きい。

モブキャスト(東マ・3664)
1579円(100株)
時価総額(億円):215.1
前期経常利益(億円):11.2
今期予想経常利益(億円):17
今期予想経常増益率:52%
ソーシャルゲーム関連は、株式市場のテーマとしてたびたび注目されている。同社の業績も大幅な増収増益が続いている。