写真提供:マイナビニュース

写真拡大

能勢電鉄は10月10日まで、100年前の開業当時をイメージした特別貸切電車「大正ロマン号」に、当時を再現した衣装を着用して乗車し、その衣装のまま街を練り歩く催し「のせでんレトロ大正ロマントレイン」の参加者を募集している。

この催しは開業100周年記念事業の一環。10月20日に開催される兵庫県川西市東谷地区のお祭り「第2回東谷ズム」に合わせて実施する。

参加者は当日、9時40分までに着替えを済ませて川西能勢口駅に集合。「大正ロマン号」に乗車し、車内でおやつ付きティータイムを楽しみながら山下駅に向かう。途中、レトロな外観の妙見口駅舎前で記念撮影を行う。山下駅で降車後、「東谷ズム」の会場である川西市郷土館まで参加者全員で行進。会場到着後、各自イベントを楽しめるという。希望者は、「東谷ズム」会場で行われる大正ロマンファッションショーへの出場も可能。

帰りも行きと同様、会場から山下駅まで練り歩き、電車で川西能勢口駅まで戻ってから解散となる。衣装は着物、はいからさん風、書生風、バンカラ風など、和装・洋装を問わず「大正ロマン」をイメージさせる服装であれば持込み自由。無料貸し衣装(女性用:はいからさん風、男性用:和服)も数量限定で用意される。

参加費は大人1,000円、小学生以上600円。申込みは能勢電鉄開業100周年記念サイトのほか、電話やFAXなどでも受け付けている。締切は10月10日で、定員60名のため、応募多数の場合は抽選となる。

(佐々木康弘)