尾野真千子が福山雅治に「若かりし頃からファンでした」と告白

写真拡大

第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した是枝裕和監督作 『そして父になる』(9月28日公開)のジャパンプレミアが、9月17日に東京国際フォーラムで開催。主演の福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、子役ふたりと是枝監督が舞台挨拶に登壇。福山は「カンヌに勝るとも劣らぬ拍手で迎えていただき、うれしかったです」と笑顔を見せた。

【写真を見る】母性いっぱいの微笑で子供たちを見守る真木よう子

カンヌ国際映画祭で受賞時に男泣きをしたことについて福山は「本当に感動的だったんです。僕自身がやったぜ!ってことでは全くなく、是枝監督がこの映画にかけた労力、時間、集中力が、報われた瞬間で、その光景に感動しました」と感慨深い表情でコメント。是枝監督も「子供たちには台本を渡さず、あとは受け止める大人たちの包容力に頼った映画。素晴らしい関係が撮れました」と充実感いっぱいの様子だった。

福山扮する主人公の妻役を演じた尾野は、「私も福山さんのファンでございまして。若かりし頃から大好きで。まさか、こういう映画で一緒になれるとは。幸せな時間を過ごさせていただきました」と声をうわずらせながら告白し、会場は大爆笑。真木は「私は3人とも共演経験がありましたが、今まで絡んできた役と違い、すごく新鮮で楽しめました」と語った。また、リリーは演じた父親役をほめられると「『ビッグダディ』を毎回ビデオに録ってた甲斐がありました」と言って笑いを取った。

『そして父になる』は、6年間育てた息子が取り違えられた他人の子だった!そんな衝撃的な事実を前にした二組の両親が、子供たちと共に、現実に向き合っていくという感動作。各国からオファーが殺到し、現時点で230の国と地域で配給が決定し、日本公開にも期待が寄せられている。【取材・文/山崎伸子】