情報を「見る」「聞く」から「さわる」へ

写真拡大

ヤフー(Yahoo! JAPAN)は2013年9月17日、次世代インターネットサービスに関する新コンセプトモデル「さわれる検索」を発表した。

「アドテック東京」で一般公開予定

従来の文字・音声入力によって情報を「見る」「聞く」ことから、情報を「さわる」ことに発展させたコンセプトモデルだ。音声入力で認識されたキーワードを、3Dデータベースと融合させた3Dプリンタから実際の「立体物」として生成・アウトプットする仕組みになっている。

同時に「さわれる検索」プロジェクトとして、筑波大学附属視覚特別支援学校(盲学校)への導入もおこなう。すでに9月4日から13日には実際に生徒らへ向け、特別授業を実施の上、学校内に試験的に「さわれる検索」を設置した。本格導入として、20日から10月18日までの約1か月間設置し、生徒達に自由に体験してもらうという。

また、9月18日〜19日はデジタルマーケティングカンファレンス「アドテック東京」に出展し、一般公開も予定している。

今後はプロジェクトサイトで企業や一般から募集することにより、多くの3Dデータを収集し「さわれる検索」プロジェクト用として蓄積していく。