ついに最後の敵「ゾッド」が出現

写真拡大

漫画「ベルセルク」を題材にした「新世紀ぱちんこ ベルセルク」。このホール導入開始を記念してパチンコメーカー・オッケー.(名古屋市)がキャンペーンサイトで実施中の「力を合わせて強敵を倒せ!! ぶった斬り連打バトル」が、クライマックスに向け盛り上がりを見せている。

大型テレビやベルセルク激レアグッズがあたる

ベルセルクの主人公「ガッツ」や、傭兵団「鷹の団」の団長・グリフィスとなり、パソコンのキーボードを連打して敵を倒すゲームだ。今回、全ユーザーの累計HIT数が2000万を突破したため、ついに2013年9月15日、最後の敵となる「ゾッド」が出現した。

このゲームは単に遊ぶだけでなく、敵を倒すごとにベルセルクグッズや賞品が抽選で当たり、HIT数(連打)ランキングが高いほど応募口数が増えて当選確率が上がる仕組みになっている。「ラスボス」にあたるゾッドを倒した賞品として並ぶのは、ソニーの55型デジタルハイビジョン液晶テレビのほか、映画「ベルセルク黄金時代篇」の直筆原画というファン垂涎のグッズも。

ただ、強敵「ゾッド」を倒すには2013年9月末までにゲームに参加し、みんなで累計3000万HITを超える必要がある。討伐に向け、「ベルセルク」好きの有名人が続々協力しており、「連打の神様」として知られる高橋名人は1190HITを記録したという。サイトでは、その名人の挑戦や、ケンコバやフルーツポンチといった面々の挑戦の動画も公開されている。