写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Peach Aviation(ピーチ・アビエーション 本社:大阪府泉佐野市)は9月17日、累計の搭乗者数が300万人を達成したことを発表した。

300万人を達成したのは、9月17日のMM103便(大阪・関西発−札幌・新千歳行)に搭乗した乗客。これを記念し、関西国際空港第2ターミナルでは記念品贈答などのセレモニーが行われた。

○国内で最も高い就航率を記録

Peachは、2012年3月の運航開始から9カ月目の同年11月に100万人目を、2013年5月には200万人目の乗客を迎えた。就航時は、2路線2機での運航であったが、現在では10機体制となり、路線も国内線8路線・国際線4路線と計12路線を運航している。

また2012年度は、運航予定便数に対する欠航便の割合が、日本の主な航空会社の中で最も低く、就航率は99.04%を記録した。2013年度も、4〜6月の第一四半期で就航率99.76%を記録し、日本で最も高い就航率となっている。

300万人を突破したことについて、Peach代表取締役CEOの井上慎一氏は、「2012年3月に就航して以来、このような短期間に300万人ものお客様にPeachをご利用いただきましたことは、心からうれしく社員を代表して心から厚くお礼申し上げます。Peachは、これからも日本の航空業界にイノベーションを通じて新しい価値をご提供し続け、日本を空から元気にしてまいります」とコメントしている。

なおPeachは、10月27日に初の首都圏路線となる大阪(関西)−東京(成田)線を開設する。