●微笑み ―ストヘス区急襲 (1)―

(画像:「進撃の巨人」公式Webサイトより)
©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会


●キャスト
エレン・イェーガー:梶裕貴
ミカサ・アッカーマン:石川由依
アルミン・アルレルト:井上麻里奈
ライナー・ブラウン:細谷佳正
ベルトルト・フーバー:橋詰知久
アニ・レオンハート:嶋村侑
ジャン・キルシュタイン:谷山紀章
マルコ・ボット:逢坂良太
コニー・スプリンガー:下野紘
サシャ・ブラウス:小林ゆう
クリスタ・レンズ / ヒストリア・レイス:三上枝織
ユミル:藤田咲
トーマス・ワグナー:須嵜成幸
ミーナ・カロライナ:安済知佳
ダズ:田久保修平
ハンネス:藤原啓治
フーゴ:陶山章央
ドット・ピクシス:田中正彦
イアン・ディートリッヒ:村上裕哉
キッツ・ヴェールマン:志村知幸
グスタフ:四宮豪
アンカ:葉山いくみ
エルヴィン・スミス:小野大輔
ハンジ・ゾエ:朴璐美
リヴァイ:神谷浩史
キース・シャーディス:最上嗣生
グリシャ・イェーガー:土田大
カルラ・イェーガー:鷹森淑乃
ニック司祭:麻生智久
バルト候:高口公介
リコ・プレツェンスカ:鷄冠井美智子
ダリス・ザックレー:手塚秀彰
ミケ・ザカリアス:三宅健太
ペトラ・ラル:相川奈都姫
オルオ・ボザド:川田紳司
エルド・ジン:千葉進歩
グンタ・シュルツ:三戸耕三
マルロ・フロイデンベルク:杉田智和
ヒッチ:渡辺明乃

●ストーリー
突如現れた多数の巨大生物「巨人」の侵攻により、人類は存亡の危機に瀕するも、生き残った人間達は、三重に築かれた巨大な城壁内側に生活圏を確保することで、一時的な安全を得るに至っていました。
城壁による平和を得てから約100年後。城郭都市の外縁地区「ウォール・マリア」南端より突出したシガンシナ区にて、父・グリシャと母・カルラ、幼馴染のミカサと暮らす少年エレンは、親友アルミンと共に、幼い頃から「壁の外に出て世界を探検すること」を夢見ていたのですが…。
エレンが10歳を迎えた年、突如として現れた「超大型巨人」を尖兵としてシガンシナ区及びその一段奥のウォール・マリアまで侵入、しかもエレンの母は彼の目の前で巨人により殺害されてしまいます。
巨人への復讐を誓ったエレン、そしてミカサとアルミンは第104期訓練兵団に入団したのですが…(第2話までのあらすじ)
●憲兵団の日常
アニ・レオンハート、彼女は訓練兵団にいたときの希望通り憲兵団配属になりました。そしてその憲兵団は最前線である調査兵団と異なり、かなり安全な配置で比較的優遇されているのですが…。

上官「今日はいつもの雑務と違う事をしてもらう。調査兵団の護送車が通るので警備に当たるように。以上!」

この件について新兵のマルロ・フロイデンベルクは詳細を確認しようとするも、

上官から警備丸投げ!

その上官は何やらゲームに興じているようです。

極めて不真面目に見えますが、それが憲兵団の日常。
●正義と力の違い
その憲兵団の新人達は警備に就くも、マルロは目の前で上官が官給品の横流しをしている現場を発見!そこで、

マルロ「官給品の横領は犯罪であります!」

彼はそう主張するも上官はまるで話を聞かず、彼に小遣いを渡して誤魔化そうとするも、マルロは執拗に喰らいつくも逆に暴行を受ける始末。

そこはアニやヒッチが間に入って何とか収まりましたが…。

マルロ「俺は大きな流れに流されるクズみたいな人間なんだろうな…。」

彼は正義を貫こうとしましたが力が無いため悪に屈しました。彼はそれが悔しいのですが、そんな彼をアニは決して否定したりはしないようです。
●アルミン、アニの助けを乞う
アニが憲兵団として調査兵団の護送車の護衛に就くも、どこからか聞き慣れた声が。

アルミン「アニ、すっかり憲兵団だね。」

アルミンはフードを被り立体機動装置を隠しながら移動しています。そして彼の後ろにはミカサとエレンが!

アルミン「アニ、エレンを逃がすのに協力してくれないか?」

当初はこの作戦に非協力的な態度をとっていたアニですが、エレンが殺されるという話を聞くと彼女は態度を和らげます。

アニにとってエレンは訓練兵団からの仲間であり、少なからず好意を抱いていた相手(ミカサというライバルはいますが)。

結局、アニはこの作戦に協力する事にします。
●アニの正体
アルミン達はアニの助力を得て、地下通路へ潜ろうとします。ところが、何故かアニは地下通路に潜ろうとしません。それは…。

※ちなみに巨人は日光が無い所では動きが鈍くなり、眠る性質があります。するとアニはもしや…。

アルミン「アニ、何故マルコの立体機動装置をもっていたの?」

この質問についてアニは「拾った」と答え、そしてソニーとビーン殺害もはぐらかした回答をします。決定的なのは、

アルミン「あのとき僕を殺さなかったから、こういうことになってるんじゃないか?」

つまりアルミンはアニが「女型の巨人」だと暗に主張しているわけです。

そしてアニが巨人化しようとした瞬間、アルミンが信号弾を放つと彼女は伏兵に捕えられますが…。

アニは女型の巨人であった。しかし、彼女に残った仲間を殺したくないという心、それが仇となり結果的に最悪の結果を招いてしまったのです。

「進撃の巨人」、次回もお楽しみっ。


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「進撃の巨人」第22話「調査兵団の敗走」(ネタばれ注意)
【アニメ】「進撃の巨人」第21話「女型の巨人、エレンを捕食する!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「進撃の巨人」第20話「女型の巨人、喰われる!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「進撃の巨人」第19話「女型の巨人、確保される!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「進撃の巨人」第18話「巨大樹の森」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「進撃の巨人」TVアニメ公式Webサイト