SM要素ゼロ?さわやかに生まれ変わった『甘い鞭』のポスター/[c]2013「甘い鞭」製作委員会

写真拡大

壇蜜を主演に迎え、『ヌードの夜』(93)や『花と蛇』(04)などで知られる鬼才・石井隆監督が撮り上げた『甘い鞭』(9月21日公開)。鞭打、緊縛、M字開脚など、超過激な描写も話題となっている本作の公開に先駆け、JRの主要駅に『甘い鞭』壇蜜ポスターが登場した。

【写真を見る】通行人がチラ見していく有楽町駅構内のポスターはこちら

今回登場したのは、ピンクを基調にしたデザインで、物憂げに鏡を見つめる壇蜜をメインに据えたポスター。様々な表情を浮かべる壇蜜の姿も配されており、彼女の魅力を存分に堪能できる一品だ。これまでのポスタービジュアルは鞭を手にした壇蜜が鋭い目つきで見下ろすエロティックなものだったが、まるで泣けるラブストーリーのようなビジュアルに一新されている。

深いトラウマを抱えた女性の“昼”と“夜”、“過去”と“現在”が交錯し侵食し合う様を、過激に、濃厚に、エロティックに描いた本作。哀しみを湛えた主人公を全身全霊で演じた壇蜜の表情の変化はまさに圧巻。過激で官能的なシーンのみならず、“女優・壇蜜”の鬼気迫る演技を新ポスターで確認してみてほしい。【Movie Walker】