秋のテニスシーズンが始まった。9月22日から開幕する東レ パン・パシフィック・テニス2013(東レPPO)は、1984年、アジア最大の国際女子公式戦としてスタートを切った。以来30年、さまざまなドラマを生み、華やかな歴史を刻んできた。30回目という記念すべき大会を前に、これまでの東レPPOを彩ってきた女王たちの素顔を振り返ってみたい。

■可憐だった初代女王、マヌエラ・マレーバ(ブルガリア)

 第1回大会には、当時女子テニスでアイドル的な人気を誇る選手がそろって出場した。コーデ・キルシュ、リサ・ボンダー、カーリン・バセット、そしてマレーバ姉妹だ。その中で初代チャンピオンに輝いたのが、典型的なベースライン・プレイヤーだった姉のマヌエラ・マレーバだった。

 エバート2世とも呼ばれ、少し悲しそうな顔でプレイする憂いに満ちた雰囲気と可憐な容姿で、日本でも人気が高まった。第1回から第5回まで連続出場し、第2回大会でも優勝して連覇を達成。それ以外でも準優勝2回、ベスト4が1回と、東レPPOとの相性が抜群に良かった。そのため1994年の第11回では、同大会の発展に貢献した彼女の引退セレモニーが行なわれた。

■17歳で初優勝。ステフィ・グラフ(ドイツ)の時代

 1986年の第3回大会には、次代の女王候補として世界ランク3位だった17歳のグラフが初出場ながら第1シードで登場。決勝では連覇中のマヌエラ・マレーバをストレートで下して初優勝を飾った。全戦ストレート勝ちという圧倒的な強さ。さらにダブルスも制して2冠を達成した。はねるような軽快なフットワークと独特のフォームから放つフォアハンドの強打に、グラフ時代の到来を予感させた。

「当時の会場だった東京体育館は開場が朝9時だったのですが、グラフはホテル発の一番のシャトルバスに乗って、冬の寒い中、東京体育館の出入り口に8時45分から先頭に立って静かに待っていましたね。練習と試合にしか会場に現れなかったし、待ち時間に他の選手とおしゃべりをすることもなかった」と、日本の大会スタッフにも強い印象を残している。それだけ試合に集中していたのだ。

 一方で素顔はまだ17歳の少女。「ごく普通の女の子でしたね。雑誌の特集でインタビューと写真撮影があり、カメラマンがポーズを取ってほしいと注文したら『こんなことやったことない。恥ずかしい』と、嬉しそうな、恥ずかしそうな表情をしていた」そうだ。

 その後グラフは1990年の第7回大会でアランチャ・サンチェスに快勝して2度目の優勝を飾り、1994年の第11回大会はマルチナ・ナブラチロワにストレート勝ちして3度目の東レPPO制覇を成し遂げた。2000年の第17回大会では、前年に引退したグラフが伊達公子との引退試合に臨み、ファンから別れを惜しまれた。

■日本人唯一のチャンピオン、伊達公子

 1995年の第12回大会。前年にトップ10入りを果たした伊達は、武器のライジングショットが冴えて上位シード勢を次々と撃破する快進撃を演じた。決勝でも188cmのダベンポートを翻弄して、日本人選手として初の大会優勝を成し遂げた。伊達自身にとっても、グランドスラムに次ぐティアI格の大会での初のタイトルとなった。

 日本の女子テニス界に現れたスーパースターの活躍によって会場には大観衆が集まり、テレビ視聴率も15パーセントと歴代1位を記録。東レPPO30年の歴史の中で、日本人の優勝者はいまだ彼女一人しかいない。

■早熟の天才マルチナ・ヒンギス(スイス)、16歳で初優勝

 1997年の第14回大会。直前に開催された全豪オープンで、史上最年少の16歳3ヵ月で初のグランドスラムのタイトルを飾ったばかりのヒンギスが、前年に続いて出場した。このとき世界ランクは2位。本大会で初優勝を飾ったその直後に世界ランキング1位となり、16歳6ヵ月の史上最年少1位記録を樹立している。

 体つきも少女っぽさを残したヒンギスだが、プロデビューは14歳と早かった。「選手代表としてスピーチをしても違和感なく、他の年上の選手たちからも認められていたし、雰囲気や言動で他を圧倒していて堂々としていました」(大会スタッフ)というプロ意識の高さと、「優勝杯の漆器でお寿司を食べたいわ」と言う茶目っ気が同居していた。

 そのヒンギスは1999年、2000年、2002年の大会でも優勝。一度は引退したものの2006年に現役復帰を果たし、翌2007年の第24回大会では大会史上最多となる5度目の優勝を飾っている。

■現代のアイドル、マリア・シャラポワ(ロシア)初優勝

 2005年の第22回大会。2年連続出場となったシャラポワが、前年に17歳でウィンブルドンを制したことで注目の的となった。決勝は5度目の優勝を狙ったダベンポートとの対決となり、積極的なプレイが光ったシャラポワが初の栄冠に輝いて、世界ナンバーワンへの足がかりとなる大会にした。

 日本の大会が好きと公言するシャラポワも、練習や試合への集中の度合いは相当なもの。試合に敗れると、「必ずコーチである父親と一緒に練習コートに来て、どこがいけなかったのかとこんこんと修正点を指摘され、反省会を開いていた」(大会スタッフ)という。一方では身につけているペンダントなどを褒められると素直に喜んだり、2011年の大会では被災地から来た子供たち全員にサインをするなど、女性らしさや気さくな一面をのぞかせる。

 迎えた第30回の記念大会では、誰が女王になるか。最有力候補を挙げるとしたら、東レPPO初登場、世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズだろう。先の全米オープンでは2年連続5度目の優勝を果たし、これで四大大会は通算17勝目。ナブラチロワやクリス・エバートの持つタイトル数にあと1つと迫る。

 全米の決勝の相手は、同じく東レPPOに出場する世界ランク2位のビクトリア・アザレンカだった。両者の対戦成績は、この全米の勝利でセリーナが13勝3敗となったが、今年だけをみれば2勝2敗の五分である。全米決勝の再現も十分にあり得そうだ。

 他にも2011年の第28回大会覇者アグニエシュカ・ラドワンスカをはじめ、世界ランク上位の選手が多数出場。主催者推薦で出場するクルム伊達公子や森田あゆみの活躍にも期待がかかる。また、ジュニア世界ランク1位で、今年の全仏ジュニアとウィンブルドンジュニアを制したベリンダ・ベンチッチ(スイス)という逸材も日本初お目見えとなる。

 会場では、これまでの東レPPOの歴史を網羅し、マヌエラ・マレーバやクルム伊達公子、マルチナ・ヒンギスらによる「時代の証言」を収録した30回大会記念の公式プログラムが販売されるという。世界レベルの女子テニスを日本人にとって身近なものにしてきた30年という歴史の重みが感じられる大会になるはずだ。

辛仁夏●文 text by Synn Yinha