ブラジルW杯まで268日
『ザックジャパンの完成度』
連載◆第22回:吉田麻也

 グアテマラ戦とガーナ戦を前にして、日本代表のチーム内はややナーバスな雰囲気になっていた。6月のコンフェデレーションズカップ(以下、コンフェデ)が3連敗の9失点。再スタートとして臨んだ8月のウルグアイ戦でも、大量4失点を喫して完敗した。

「守備崩壊」――。各メディアでそう騒がれて、とりわけ守備陣には大きなプレッシャーがかかっていたのだ。

 コンフェデで露呈した課題のひとつは、ラインコントロールだった。最終ラインが乱れて、そのギャップを相手に突かれて失点することが多かった。ウルグアイ戦では、それが少しは修正されているかと思ったが、改善の糸口さえ見えず、コンフェデのときと同じようなやられ方で失点を重ねた。かつての代表指揮官(1998年〜2002年)、フィリップ・トルシエがチームを率いていたならば、ラインの上下動の練習をしつこく行なっていたことだろう。

 はたして今回の2試合では、守備の根幹とも言うべきラインコントールをどう修正し、守備をどれだけ建て直していくかが注目された。これまでの対戦相手に比べてレベルは落ちるものの、ここで改善の兆しが見えなければ、ワールドカップに向けて不安は膨らむばかりで、チームの完成度などとても語れない。

 カギを握る存在は、ディフェンスの中心選手のひとりである吉田麻也。1戦目のグアテマラ戦の前、改善されない最終ラインの課題について、彼に質問をぶつけてみた。

「ラインコントロールの練習ですか? やっています。特に今回は。これまで3年間、同じ形でやってきましたが、最近はちょっと、曖昧になっていた部分があるんです。やはり、ずっと同じメンバーでやってきたので、(何もしなくても)やれて当たり前という感覚になっていて、何か問題があったときに、イチから確認するということができていなかった。だから今回、その曖昧な部分というか、膿(うみ)を全部出し切って、イチから再稼動していければいいかな、と思っています」
 練習では、相手がボールを持って前を向いたとき、ラインを下げる。後ろを向いたら、ラインを上げる。そんな基本的かつ単純な動作の繰り返しから、そこに前線からの守備を連動させて、全体の守備の動きを確認したという。それは、最終ラインの新戦力として期待される森重真人に、チームのやり方をより理解させる意図もあったが、チーム内の守備への意識を高めることが最大の目的だった。

 そして、グアテマラ戦に臨んだチームは3−0と完封勝利を飾った。最終ラインの吉田も安定したプレイぶりを見せ、代表では初めてコンビを組んだ森重との連係も申し分なかった。

「(森重とは)試合前からたくさん話をして、頻繁にコミュニケーションを取りながらやろう、と言っていた。だから、ピンチのときも問題なく対応できましたし、(森重は)能力の高い選手なので、一緒にコンビを組んでやるのも難しくなかったです。まあ、どんな相手にせよ、(失点を)ゼロに抑えたというのは良かった。ここ最近、(チームは)連敗して失点も多かったので、(チームと自分の)自信を取り戻す意味でも、しっかりと守備を確認する意味でも、いい結果だったと思います。これでひとつ、(前に)踏み出せかな」

 そう言って吉田は、淡々と試合を振り返った。

 グアテマラは明らかに格下だったが、今回はそれが幸いした。日本代表は合宿などでよく、組織的なことやチーム戦術を浸透させるために、大学のチームを相手に練習試合を消化することがある。グアテマラ戦は、まさにそれと同じ効果があったと言える。

「もちろん、(グアテマラに)勝ったからこれですべてよしとは思っていないし、ホッとしたりすることもないです。この相手なら、この程度はできる。守備の自信を本当に回復するためには、次のガーナ戦が大事になってくる。ラインコントロールにしても、ガーナ相手にどれだけやれるかが重要。この合宿のまとめの試合でもあると思うので、いい結果を出せればいいと思いますし、(浮上への)いいきっかけにしたい」

 ガーナは、主力選手の何人かが来日しなかったが、アフリカ勢特有の身体能力の高さと、鋭いカウンターを持つチームで、前への推進力も非常に強い。そういう相手の攻撃に対して、きちんとラインコントロールしながら対処できれば、今後の見通しは明るくなる。

 迎えたガーナ戦。スタメンはいつもどおりの顔触れで、センターバック吉田のパートナーも、今野泰幸に戻った。そして試合は、3−1と快勝した。長距離移動による疲労などの影響で、ガーナの選手のコンディションが悪かったとはいえ、失点は不運な形で奪われた1点に抑えた。

「失点は......、それほどピンチだと思わない状況から決められてしまった。その辺は、引き続き課題になりますね。ただ、全体的に見ると、守備は悪くなかったと思います。失点自体、イレギュラーな形だったし、(今の守備を)このまま続けていけばいいかな、と思います。もちろん、ガーナも主力がいれば、もっと身体能力が高くて、個の能力も高かったと思うので、より組織をまとめて、戦えるようにしなければいけない。実際に前半、オフサイドになったけれども、DFラインの裏に1本、いいパスを出されて、危ないシーンがあった。強い相手であっても、そういうところをなくせるように、90分間徹底して守れるようにしていきたいですね」

 最終ラインが比較的安定し、ピンチがそれほどなかったのは、中盤から前線の守備が効いていた、ということもある。なかでも、FWの柿谷曜一朗、トップ下の本田圭佑は、かなり意識的に守備をしていた。

「そうですね。この2試合は、中盤から前の選手には、かなり気を使って(守備を)やってもらっています。本田さんも、すごく(守備を)意識して動いてくれた。やはり、ファーストディフェンダーのところで(相手を)潰してくれたりすると、非常に守りやすくなる。たとえファールになっても、相手の攻撃を遅らせることができるし、(自分たちも)一度自陣に戻って守備を固められる。ガーナのような素早いカウンターがあって、スピードのある選手が多い相手には、有効だったと思います」

「失点は最終ラインだけの問題ではない」と本田は言い続けてきたが、それを体で表現し、結果で示したのが、今回の2試合だった。しかしそれは、本来あるべき姿であり、これまでそれができていなかったことに問題があったわけだ。

 では、最終ラインにとって課題のラインコントロールは、どうだったのだろうか。

「(ラインコントロールは)良くはなっていますが、まだまだです。例えば先ほど話した、前半に背後にいいパスを通されたのは、僕の(中央への)絞りが悪かったから。そういう動きの判断や、(最終ラインの)選手たちとのお互いの距離間がもっと良くなれば、バランスは保てるだろうし、(相手の)ボールにも自信を持ってチェックに行けると思います。その辺は、次(10月)の欧州遠征でも再度徹底していきたい」

 吉田には、チームの守備の修正とともに、もうひとつやるべきことがあった。自身のコンディション作りである。プレミアリーグ開幕後、所属するサウサンプトンでは、2試合連続のベンチ外。3戦目にやっとベンチ入りしたものの、出場機会はなかった。

「90分間プレイしたのは、今季(代表の)2試合しかありませんけど、ガーナ戦のときのコンディションはすごく良かった。(ザッケローニ)監督からも、『ベネ(イタリア語で"良い"という意味)』って言われました。でも、もっとレベルを上げていかなければいけない。今までの自分の良かったときよりも、さらに進化していかないといけないと思っています」

 マンチェスター・ユナイテッドで出場機会を得られていない香川真司同様、吉田にとっては、所属クラブに戻ってから本当の戦いが始まる。ともあれ、代表で2試合フル出場できたことは、大きかったはずだ。それに、強豪相手ではなかったとはいえ、チームは連敗を止めて、2試合で1失点という結果を残した。少なくとも、失いかけていた自信を取り戻すきっかけにはなったのではないだろうか。

「まあ、前進はしたと思います。コンちゃん(今野)とも話をしましたけど、これからはもっと自信を持って自分のパフォーマンスを発揮できるように、お互いに信頼し合ってやっていけるようにしていきたい。そういう意味では、今度の欧州遠征で強い相手とやって、そこでもいい形を残して、より(守備を)高めていきたいですね」

 安定した守備の完全復活は、10月の欧州遠征に持ち越しとなった。だが、吉田の表情からは、何らかの手応えを得て、自信をつかんだ様子がうかがえた。

最後に、吉田に聞いた。
――全体的な守備の意識の高さは、みんなの危機感の表れだったのか?

「それもあります。でも、監督が今回の合宿で、練習からチーム全体の守備の意識を高めてくれた成果だと思います」

 吉田はそう言って、初めてホッとしたような表情を見せた。

佐藤 俊●文 text by Sato Shun