シェールガスの近況と関連銘柄3つをチェックしてみた

写真拡大

【今回のまとめ】
1.シェールガス開発を可能にしたのは水平掘りと破砕法という技術
2.シェールガス生産にはノウハウの蓄積がモノを言う
3.増産の結果、米国の天然ガス価格は低迷している
4.生産調整はほぼ一巡
5.天然ガス価格低迷でも儲けている企業もある

シェールガスの復習

 シェールガスは水中に堆積した泥が固まって出来た、頁岩(けつがん)と呼ばれる岩に閉じ込められた天然ガスです。

 1970年代に米国連邦エネルギー規制委員会(FERC)がシェールガス開発のための研究開発をスポンサーしました。そしてミッチェル・エナジーと言う会社がバーネット・シェールで水平掘り、ならびに破砕法というシェールガス開発に特徴的な基礎技術利用して、初めてシェールガスの開発に成功しました。

シェールガスの生産には手間がかかる

 シェールの掘削ではまず垂直に掘り進みます。地下水の場所を通過した後、ケーシングと呼ばれる型枠を降ろし、コンクリートを流し込み、パイプを作ります。これで地下水と縦穴を完全分離し、石油、天然ガス、特殊液などが地下水に混じらないようにします。

 さらに掘り進み、地下5000メートル付近でシェール層にぶちあたったら、今度は自走式ドリルに換えます。自走式ドリルは自分で方向を感知して掘り進んでいくことが出来ます。そうやって今度は水平方向に1000から3000メートルくらい掘ります。

 横穴が掘れたら、コンクリートを流し込んで、しっかりと固定します。次にパーフィングガンと呼ばれる金属製の、ところどころに穴の開いた管を入れて、その内側でダイナマイトを爆破させます。爆風が飛び出し、コンクリートの土管もろともシェール層に亀裂が入ります。

 亀裂が入ると今度はプロパントと呼ばれる特殊液を注入します。この特殊液には、つるつるの細かいセラミックのボールが混ぜてあり、特殊液を高圧力で注入した後、それを吸い上げるとセラミックだけが亀裂の裂け目に残って、ガスの流れを良くします。

 この説明でわかるように、とても手間がかかり、生産ノウハウを必要とするのがシェールガスの特徴です。

現在の生産状況と見通し

 下は米国の天然ガスの生産高です。この中には伝統的な手法による天然ガス開発とシェールガスの両方が含まれています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)