ASUS MEMO Padで、目指せ「寝ゴロゴロ生活」その2!!

写真拡大 (全12枚)

こんにちは、おしぃです。

 

前回に引き続き、「ASUS MEMO Pad」

タブレットの楽しみ方を提案しちゃいます。

 

そして、予告どおり届きました。

WiFi対応 ポータブルDVDドライブ【LDR-PS8WU2BKW】

これは何をするものか?簡単にいうと”DVDの映画やCDの音楽をスマホで楽しむもの”です。

 

うきうきする気持ちを抑えつつ、早速箱を開けてみます。

本体は丁寧にビニールで保護された状態で箱に入っています。

本体の裏にはスマホと接続する際のWifi用のSSIDとパスワードが記載されています。※まずい情報なので親指で隠しています・・・

背面にはUSBの口がついています。実はここにUSBメモリを刺すと中にある映像や音楽を再生したりできちゃいます。本体側の説明はこのくらいにして、スマホ側の設定に入ります。まずは、GooglePlayストアから、「Logitec Wifi DVD」というアプリをダウンロードします。

このアプリを使って映像や音楽を再生するわけです。ダウンロードしたので早速起動してみましょう。

 

起動後、すぐにDVDプレイヤーとの接続を確認するためにチェックが開始されます。

何の設定もしていない為、接続失敗のメッセージが表示されてしまいました。事前に、先ほどの写真で親指で隠していたSSIDとパスワードを使ってDVDプレイヤーと接続しておく必要があるようです。Androidの設定画面を開いてWifiの項目をタップし一覧に表示されているSSIDを探します。そしてパスワードを入力するとDVDプレイヤーとの接続は完了です。もう一度、「Logitec Wifi DVD」を起動してみます。

正常に接続できると、DVDメニューの使い方についてのメッセージが表示されます。早速、適当な映画で再生の具合を確認してみます。おお!凄い凄い!全然問題ありません。無線での再生でしたので、多少のカクつきや遅延も覚悟していたのですが特にそういった症状はありません。これはなかなかなかなかなかなか快適です。せっかくなので、音楽CDの再生もやってみました。まず、画面にリストが表示されます。

とりあえず、一番上のトラックを選んでみました。

映像を再生できるほどの転送速度なので当然、音楽は朝飯前ですね。これで、わざわざスマホにファイルを転送せずにCDにある曲をとっかえひっかえ聞けるようになります。ただし、このDVDプレイヤー欠点を挙げるとすれば、バッテリーを搭載していません。つまり、電源のある場所でのみ動作可能なため、スマホとセットで持ち出してCDウォークマン的な使い方には向いていません。さらに言うと、映画という大量の画像データを転送するため専用のWifiに接続する必要があり、インターネットをしたい時とDVDを見たい時で毎回Wifiの接続先を切り替える必要があります。ともあれ、これで僕の念願だった「寝ゴロゴロ生活」に、さらに一歩近づきました。さらに、いいグッズを見つけた際には再びレビューしたいと思います。