左から大泉洋、染谷将太

写真拡大

大泉洋と染谷将太が兄弟役を演じる映画『ぶどうのなみだ(仮)』が、2014年秋に全国で公開されることがわかった。

【もっと大きな写真を見る】

同作は、昨年1月に公開された映画『しあわせのパン』のスタッフによる北海道を舞台にした映画企画の第2弾。北海道・空知で父の残した葡萄の木と小麦畑でワイナリーを営む兄弟を描いた作品だ。夢を失って故郷に戻り、ワイン作りに励む兄・アオ役を演じるのは、『しあわせのパン』で原田知世と夫婦役を演じた大泉。一度は家族を捨てたアオに素直に接することができないながらも、ワイン作りを手伝う弟のロク役を染谷が演じる。監督・脚本は『しあわせのパン』の三島有紀子が手掛けているほか、企画には大泉が所属するクリエイティブオフィスキューの鈴井亜由美が携わっている。撮影は全編が北海道で行われる。

大泉は同作について「今回はワインがテーマで染谷将太君と兄弟役をやらせてもらいます。染谷くんは僕よりもずっと若いですが、とても尊敬する役者さんで共演がとても楽しみです。北海道は景色も素晴らしいし、美味しい物も本当に多い。そんな誇らしい北海道から発信される映画をまた『しあわせのパン』のように全国の皆さんに温かく迎えていただけると嬉しいです」とコメント。

また染谷は「三島監督とご一緒するのは二度目となります。でもなぜか初めましてな感じがしました。逆に大泉さんはちゃんと話すのは初めてでほぼ初めましてだったのにお会いしたら初めましてじゃない感じがしました。なんだか素敵な意味で不思議な作品となりそうです。北海道の大地を噛み締めながら、ワインの香りにつつまれ、皆さんと生活してれば、ロクとしてそこに立てると確信しました」と手応えを語っている。