オリラジ中田に「やだキモい」、ハイテンション鈴木奈々の言葉に傷心。

写真拡大

タレントの鈴木奈々(25歳)と、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦(30歳)が9月16日、都内で行われた「クロニクル」オンライン試写会&トークイベントに登壇した。

現代の高校生たちのリアルな心理描写や超能力を題材としたスリリングなストーリーで、自分を記録(クロニクル)するSNSを駆使する米国のティーンエイジャーから絶大な支持を受けた本作。この日はティーチイン付きのオンライン試写会で、冒頭の28分間が公開された。

試写会後に行われたイベントに、中田は学ラン姿、鈴木はセーラー服姿で登場。「まだまだいけるよね〜って、2人で話してたんですよね」(中田)、「31歳でしょ? でも、似合ってますよね〜!」(鈴木)とノリノリだ。

初めて「クロニクル」を観たという鈴木は「28分間を観て、続きが気になりすぎてもぞもぞしてます!」と謎のコメント。一方の中田は全編鑑賞済みで、「あのあと、もっとすごくなりますから」と説明しながら、「奈々ちゃん、28分間中27回くらい『すごくない?』って言ってたよ。もっとリアクション変えてよ〜」とダメ出し。「僕の大好きなジャパニメーションにも通じる世界観があって、すごく面白い。さらに、絶妙なリアリティもあって、ドキュメントなんじゃないかっていう楽しみ方もできるんですよね」と本作を力強く絶賛した。

ところが「ごめんなさい! 聞いてなかった」と鈴木。「この距離で聞いてないってどういうこと? 聞かない超能力でも使えるの?」と呆れる中田に、「最低ですよね。彼氏のことを考えてました」と大笑いしていた。

司会より「どんな超能力が欲しい?」と訊かれ、「彼氏を監視する能力が欲しい」と答えた鈴木。「彼氏がキスしてくれないから、彼からしてくれる能力がほしい」と懇願する彼女を、「普通にしてもらえるように、努力しなさいよ!」とたしなめる中田。「パッとやっただけで爆笑が取れるような能力が欲しい」と芸人らしいコメントを残しながらも、あまりに元気すぎる鈴木を横目に「奈々ちゃんを一発で黙らせられるような能力が欲しい」と笑いを誘った。

高校時代は「読者モデルになりたくて、ギャルメイクを勉強していた」と力強く語る鈴木。自分磨きに勤しみすぎて、通知表の9教科の評価で1を取ってしまい、退学を余儀なくされたとか。「でも、友だちはたくさんできましたし、ちゃんとこうやってモデルになれてよかった」と胸を張る。

かたや暗い高校生活を送っていたという中田。「奈々ちゃんと反対で、成績はすごくよかったけど、コミュニケーション能力がなかった。まさに、この映画の(主人公のひとり)アンドリューみたいな感じ。彼みたいにいじめられてはなかったけど、嫌われてはいた」と当時を振り返る。

「『新世紀エヴァンゲリオン』にハマっていて、音声だけをMDに録音して、好きな(登場人物の)綾波レイの声だけを編集したものを聴きながら通学していた」と語ると、鈴木さんから「やだ……キモいよ!」との声が。「キモい! キモい!」と身をよじりながら何度も叫ぶ彼女に、「おい! キモいをおいそれと使わないで。作品の中でもそう言われて、主人公たちが傷ついてたでしょ? その言葉は傷つくの!」と全力でたしなめていた。

試写会には「関東高一ミスコン〜関東一可愛い女子高校生ミスコンテスト〜」のギャル部門&黒髪部門の優勝者である“ちさみぽ”こと古泉千里さん、“ひかうんちょ”こと川崎ひかるさんも登壇。2人とも、本作の続きが大いに気になっている様子だった。

「28分間観させてもらって、めちゃくちゃハマりました! この続きはフィアンセと一緒に観たい。で、熱いキスをしたい!」とハイテンションで語る鈴木を、中田は「熱いキスをする展開になるかどうかは保証しないですよ。恋愛映画じゃないからね(笑)」となだめながら、「たしかにカップルで観ても興奮すると思いますし、男子心を引きつける作品です!」とアピールした。

トークイベント終了後の囲み会見では、鈴木の結婚の行方に話題は集中。同棲生活は住居に水回りのトラブルが起きてしまったことで延期となってしまったそうだが、いまは家具選びなどに余念がない日々とのこと。

「この前、仕事で一緒になったとき、家具のカタログを一生懸命見てたもんねぇ」と切り出した中田に、「藤森さんは、あのカタログから5万円以内のものを買ってくれるって言ってたんですよ。優しいと思いません?」と顔を近づけた鈴木。「どう思います?」と詰め寄られた中田は「こんな仕打ちない!」とつぶやきながら、「ちゃんとお祝いしますよ!」ときっぱり。だが、「うそでしょ! ケチくさそうだもん」と言われ、「じゃあ、僕は5万3,000円、ちゃんとあげますから」と諭すように言い切った。

まだ日取りは決まっていないという結婚式にも「来てくださいね。で、カッキーン!やってくださいよ」と鈴木。パワフルでフレンドリーな彼女の話口調に苦笑いしながら、「それ、営業じゃん」と静かにツッコむ中田だった。

映画「クロニクル」は9月27日(金)より2週間・首都圏限定ロードショー。