堺正章がももクロのラブコールに応え、孫悟空のニョイボウを回した

写真拡大

9月13日から4日間開催されていた「第6回したまちコメディ映画祭in台東」の最終日である9月16日に、コメディ栄誉賞を受賞する堺正章の笑いと音楽に敬意を表して「堺正章リスペクトライブ」が開催された。シークレットゲストであるももいろクローバーZは、堺の人気ドラマ「西遊記」の衣装で登場し、クロージングセレモニーでは、堺とのトークで会場を沸かせた。

【写真を見る】ももいろクローバーZが、キュートな「西遊記」ファッションで登壇

「したコメ」は上野や浅草など、下町の魅力をコメディ映画を通じて味わうという、いとうせいこう総合プロデュースのコメディ映画祭。「堺正章リスペクトライブ」には、浅草ジンタ、ポカスカジャン、No Lie-Sense(鈴木慶一+KERA)、ホフディラン、ももいろクローバーZ、NONA REEVES、堂島孝平が参加。ももクロの5人は、持ち歌の他、同ドラマのエンディングテーマ曲の「ガンダーラ」を熱唱した。

堺がライブのトリを飾り、その流れでクロージングセレモニーもスタート。ライブ出演者が再登場した後、堺の「コメディ栄誉賞」の授与式が行われた。堺は「心温まる歓迎をいただき、コメディ栄誉賞という名誉ある賞もいただいて、大変うれしいです」と大喜び。また、孫悟空ファッションの百田夏菜子が「ニョイボウと仲良くなれなくて。 是非、堺さんに回していただきたい」とリクエストすると、会場から歓声が上がる。堺は、笑顔で期待に応え、如意棒をぶんぶんと元気よく回すと、割れんばかりの拍手が巻き起こった。

また、堺は「最近、スポーツ紙では、『堺』と来たら、だいたい堺雅人なんです(苦笑)。これを受賞したという記事を拝見したら、とてもうれしくて。ストレスが一気に吹き飛びました」とコメントし、会場を大爆笑させた。最後に、堺のヒット曲「さらば恋人」を全員で熱唱し、したコメは幕を閉じた。【取材・文/山崎伸子】