ティファニー、ローマ数字「アトラス」コレクションのデザイン一新

写真拡大

  「Tiffany(ティファニー)」が、クラシカルなローマ数字を取り入れた「ティファニー アトラス」を一新した新コレクションの展開をスタートした。より洗練したアメリカンスタイルにリデザイン。10月には、メンズの新コレクションも店頭に並ぶ予定だ。

ティファニー代表作アトラスが一新の画像を拡大

 「Tiffany」を象徴する「ティファニー アトラス」コレクションは、1990年にウォッチコレクションとして誕生。1850年代よりニューヨークのティファニー本店のエントランスを飾っているアトラスクロックにちなんで名付けられている。1995年にはウォッチに加えて、ジュエリーコレクションを発表。日本でも大流行し、「アトラス」は一躍ブランドを代表するモチーフになった。

 継続して発売されてきた「ティファニー アトラス」だが、2013年新たなデザインに一新され、再びスポットが当てられた。新「ティファニー アトラス」のコレクションは、伝説的なデザインに新たなアイデアを融合。ティファニーが確立した無駄のないスタイルを落とし込み
、流線型のラインで女性らしいデザインに生まれ変わった。8月末から展開がスタートしたウィメンズに向けた新コレクションは「ホワイトゴールドxダイヤモンドのシリーズのリングとバングルが人気」と国内でも好調だという。