桜島、大噴火の「警戒期」と指摘

  • 桜島の「大正大噴火」から来年1月で100年を迎える
  • マグマは地下で徐々に蓄積され2020年代には当時と同程度の量に達する
  • 専門家は大噴火の警戒期に入ったと指摘している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング