法律から見る昨今の「セクハラ」

ざっくり言うと

  • 昨今のセクハラ事情について、弁護士が見解を述べている
  • セクハラと認められるボーダーラインは「平均的な感じ方」であると弁護士
  • 主観だけでセクハラは成立せず第三者の証言や被害の記録が必要となってくる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング