尻上がりに調子を上げて15位タイフィニッシュ(撮影:福田文平)

写真拡大

<エビアン・チャンピオンシップ 最終日◇15日◇エビアンリゾートGC(6,428ヤード・パー71)>
 悪天候のため54ホールの短縮競技となった、女子メジャー最終戦「エビアン・チャンピオンシップ」。初日4オーバーの85位タイと出遅れた宮里藍だったが、2日目、最終ラウンドと尻上がりに調子を上げて終わってみればトータル1アンダーの15位タイと日本勢最高位フィニッシュを決めた。
美香、大失速に涙…首位スタートも樋口久子以来のメジャー制覇ならず
 宮里は7番パー5でボギーが先行し前半で1つスコアを落とすも、後半10番バーディと取り返すと、15番、17番とバーディを奪ってホールアウト。初日の出遅れが悔やまれるが過去2勝のこの地で上位フィニッシュを決めて見せた。これで今季5つあった女子メジャーは終了。宮里悲願のメジャー制覇は来季以降へ持越しとなった。
 その他の日本勢は単独首位からスタートした宮里美香が“79”で8つスコアを落としトータルイーブンパーの19位タイ、上田桃子、上原彩子はトータル1オーバーの27位タイで競技を終えている。
【最終結果】
優勝:スーザン・ペターセン(-10)
2位:リディア・コー(-8)@アマチュア
3位:レクシィ・トンプソン(-6)
4位T:リュ・ソヨン(-5)
4位T:朴セリ(-5)
6位T:アンジェラ・スタンフォード(-4)
6位T:シェラ・チョイ(-4)
6位T:ステイシー・ルイス(-4)
9位T:ジェニファー・ジョンソン(-3)
9位T:ベアトレス・レカリ(-3)
15位T:宮里藍(-1)他3名
19位T:宮里美香(E)他7名
27位T:上田桃子(+1)
27位T:上原彩子(+1)他2名
<ゴルフ情報ALBA.Net>