うれしい今季初Vのイ・ボミ!残りのシーズンの台風の目になるか!(撮影:上山敬太)

写真拡大

<日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日◇15日◇恵庭カントリー倶楽部(6,682ヤード・パー72)>
 国内女子メジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」の最終日。雷雲の接近などの悪天候のために、この日行われる予定だった第4ラウンドは中止に。勝負の行方は第3ラウンドをトータル11アンダーで終えていた比嘉真美子とイ・ボミ(韓国)によるプレーオフに持ち込まれた。

 プレーオフはまず15番、16番、15番の3ホールによるストロークプレーで行われ、両者パーを重ね一歩も引かず勝負は15番、16番の繰り返しで行われるサドンデスへ。4ホール目はイがセカンドショットをグリーン奥に外し、比嘉がここで勝負を決めるかと思われたが、イはグリーンカラーまで12ヤード、ピンまで10ヤードの難しいライからのアプローチを見事に寄せパーをセーブ。方や、比嘉は約3メートルのバーディパットを決められずこのホールも引き分けに。
 これで流れがイのほうに傾いたのか、比嘉がプレーオフ6ホール目の16番でティショットを左の池に入れてしまい、ダブルボギーに。イはここでも堅実にパーをセーブ。軍配はイに上がった。
 イはこれで昨年の「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」に続きメジャー2冠、これは史上20人目の記録となる。ツアー通算は4勝目。「今年優勝がなかったら、メジャーで勝ててとても嬉しいです」と会見では笑顔が弾けた。プレーオフはこれで3戦3勝。今回は「とても緊張した」らしいがピンチも動じずにしのぎ、2010年韓国ツアー賞金女王の貫禄を見せつけた。
 54ホール競技となったため、獲得賞金は2520万円の75%となるがこの勝利で賞金ランク9位に浮上。「優勝したから今から賞金女王を目指してやりたい」と日本ツアーでも賞金女王を狙う意向だ。昨年はツアー終盤に2勝を挙げランクは2位に。それ以上の成績となればもう残るは女王の座しかない。このメジャータイトルを起爆剤に頂点を獲りにいく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
比嘉が首位タイをキープし最終日へ、海外での宮里の健闘が刺激に
第4Rは悪天候で中止、優勝の行方は比嘉とイ・ボミのプレーオフに
ほんとに飛ぶかを検証!うわさの“SLDR”を試打!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新
各ツアーの賞金ランキング