日南響子 写真集 『 mau 』(ワニブックス)

写真拡大

 先日、車に轢かれるという自殺未遂騒動を起こした元『non-no』モデルの日南響子。その騒動の原因と言われているのが、恋愛関係のもつれだ。彼氏に浮気がバレ、Twitterで非難されたことが引き金になって自ら車道に入って行ったのではと噂されているのだが、肝心の交際相手はスポニチなどの新聞でも「交際相手とみられる男性」としか書かれていない。しかし、実はその彼氏とはニコニコ動画やオタク界では有名なボカロPのNemなのだ。

 ここで大人の読者向けに解説すると、ボカロPとは初音ミクなどのVOCALOID(ボカロ)と呼ばれる音声合成ソフトを使って、作詞作曲を手がける人のこと。そんなボカロPたちだが、十代やオタクの間では神とあがめられたり、なりたい職業として挙げられるほどすごい存在になっている。ボカロPの実態に迫ったインタビュー本『ボカロP生活』(PHP研究所)によると、イベントでCDを発表すれば長蛇の列ができるし、ネットでは自分の名前を名乗る偽物がたくさん出てくるほど。そのうえ、日本経済新聞に掲載された「20歳以下のカラオケランキング」では、トップ10のうちなんと7がボカロ。しかも、AKB48などのアイドルソングは1曲も入っていないのだ。さらに、来年の4月からは専門学校にボカロPを養成する「ボカロP音楽プロデューサー科コース」というものまで登場するというから、彼らの人気ぶりはすさまじい。

 そんなボカロPに対し、家に引きこもって、初音ミクや鏡音リン・レンに萌えているようなオタクなイメージを抱いている人もいるかもしれない。ボカロPの恋愛事情とは、いったいどうなっているのか?

『ボカロP生活』やTwitterなどの情報によると、実はモテモテで付き合っている人がいるというボカロPも多い。ラジオで彼女がいることを告白したオワタPは、『ボカロP生活』の中でもファンに「キャーッ!大好きで〜す!!」などと言われると「俺はもういるからいらねぇよお前ら!」と返事をしていると答えていた。蝶々Pの代表作である「心拍数#0822」が彼女に向けて作られたラブソングだということは多くの人に知られているし、40mPに至っては、歌い手のシャノと結婚しているのだ。それに、『ボカロP生活』の中でも「そうですねーボカロPは女の絵師さんとよく付き合ってますからねー」と語られているし、『THE VOC@LOiD M@STER』などのイベントは「女の子率が高い」ので、出会いには事欠かないよう。やはり、ボカロやニコニコ業界において、ボカロPは芸能人並みにモテモテな存在みたいだ。

 でも、いくらボカロやニコニコ業界で有名だからと言って、自宅で作業しているような彼らがどうやったら日南響子みたいなかわいいモデルと知り合い、付き合うことができたのか。付き合う相手も一般人か、もしくは同じ仕事や趣味の世界で知り合っただけなら納得できるが、こればかりは不思議でしょうがないという人も多いはず。

 しかし、ボカロPをただのオタクや一般人と侮るなかれ。ボカロPの中にはしょこたんをはじめ、柴咲コウやまゆゆらとコラボしている人もたくさんいる。ボカロ曲のでも1番人気の「千本桜」をミュージカル化する際には、AKBから石田晴香や市川美織がキャスティングされている。さらに、田原俊彦の長女で、「ミスマガジン2011」準グランプリを獲得した綾乃美花や同じくミスマガの秋月三佳、朝倉由舞のデビュー曲を手がけている人も。有名なタレントだけでなく、これから活躍するアイドルの卵と出会うこともできるのだ。

  その点、日南響子はもともとミクやリンのコスプレをしたり、自分でもボカロ曲の「歌ってみた」に挑戦するほどのボカロ好き。ブログや自分が担当するラジオ『日南響子のGIRLS LOCKS!』でも以前からNem好きを公言しており、それに応えるかたちで彼とのデュエット企画まで実現させてしまったよう。どちらかというと、日南響子のほうからアプローチして関係が進展したという話もある。たしかに、今では福山雅治までもがラジオでニコニコ動画好きを公言しており、初期の頃からプレミアム会員になるほどの「ニコ厨」だと語っている。たとえ実際にコラボしていなくても、イベントに参加したり、向こうからアプローチしてくる芸能人も、もしかすると増えていくのかもしれない。

 これから芸能人とお近づきになるためには、ボカロPになるという方法が近道かもしれない。(文=木村未来)