観光大使の「名刺」を受け取り、ラスベガスPRへの意気込みを語ったT.M.R.西川さん

写真拡大

ミュージシャンのT.M.Revolution西川貴教さんが日本人初となる「ラスベガス観光大使」に選ばれ、2013年9月14日、その任命式が東京ビッグサイトであった。

日本とラスベガスの架け橋に…

任命を行ったのは、米ラスベガス観光局(LVCVA)だ。西川さんは以前から出身地・滋賀県の振興に尽力しており、滋賀ふるさと観光大使を務めるほか、地元で「イナズマロックフェス」を開催するなどしている。こうした地域貢献の経験や、西川さんがたびたび現地を訪れている「ラスベガス通」であることから、観光大使の白羽の矢が立った。

西川さんは、

「ラスベガスは日本だとカジノのイメージが強いが、エンターテイメントの都としての存在感は凄く大きい。自分も(エンターテイナーとして)行くたびにいろんなものをインプットさせていただいている」

とラスベガスPRへの意気込みを語るとともに、

「五輪も決まりましたし、こうして日本とラスベガスの架け橋となれたのをきっかけに日本をアピールして、多くの人を呼び込めたら」

と、日本の観光振興にも「革命」の風を起こしたいと力強く語った。