初のメジャー制覇へ単独首位で最終日を迎える宮里美香(撮影:福田文平)

写真拡大

<エビアン・チャンピオンシップ 3日目◇14日◇エビアンリゾートGC(6,428ヤード・パー71)>
 海外女子メジャー「エビアン・チャンピオンシップ」の3日目。6アンダー単独首位からスタートした宮里美香は4バーディ2ボギーの“69”をマーク。トータルスコアを8アンダーとして単独首位をキープした。
「エビアン・チャンピオンシップ」の成績はここからチェック!
 宮里の第2ラウンドは波乱の幕開け。1番パー4をボギーとすると、2番パー3でもティショットを引っかけて痛恨の連続ボギー。序盤からスコアを2つ落とす苦しい展開となった。しかし6番7番の連続バーディで息を吹き返すと、後半さらに2つのバーディを奪取してトータル8アンダー。強豪ひしめくメジャーの舞台で首位の座を堅守して最終日を迎えることになった。
 この日の宮里は初日に比べてグリーンを外す場面が多く、微妙な距離のパーパットが残ることも多かった。しかし「上手く入ってくれた」と今大会好調なパッティングを武器に我慢のゴルフを展開。スタートの連続ボギー以降は1つのボギーも叩かず4つのバーディを呼び込んだ。
 今大会は54ホールの短縮競技になることが決定し、明日は通常通り18ホールのラウンドとなる。最終日を迎える宮里は「チャンスかもしれないですし、きっちり自分のものにしたい」と初のメジャー制覇に意欲。「ピンポジションはシビアになると思うけど、攻めるところは攻めていきたい」とプレー方針を明かした。

【第2ラウンドの順位】
1位:宮里美香(-8)
2位T:リディア・コ(-7)※アマチュア
2位T:スーザン・ペターセン(-7)
4位:ステイシー・ルイス(-6)
5位T:リュー・ソヨン(-5)
5位T:シェラ・チョイ(-5)
5位T:パク・セリ(-5)
8位T:リンゼイ・ライト(-4)
8位T:ベアトリス・レカリ(-4)
8位T:キム・インキョン(-4)
14位T:上田桃子(-2)他6名
27位T:上原彩子(+2)他9名
37位T:宮里藍(+3)他8名

<ゴルフ情報ALBA.Net>